1. Home
  2. 海外版予告編
  3. クリステン・スチュワートがダイアナ妃を演じる『Spencer』特報&ポスター

クリステン・スチュワートがダイアナ妃を演じる『Spencer』特報&ポスター

クリステン・スチュワートがダイアナ妃を演じる『Spencer』特報&ポスター
0

クリステン・スチュワートがダイアナ妃を演じ、離婚を決意するクリスマスの3日間を描く、『Spencer』の特報とポスターをご紹介。


クリスマス中、イギリス王室の面々が集まり過ごすことが恒例のサリンガム・ハウス。ダイアナ妃がチャールズ皇太子との離婚を決意したとされる、その場所でのクリスマス3日間を描きます。

チャールズ皇太子役にジャック・ファーシング。他にティモシー・スポール、ジャック・ファーシング、ショーン・ハリス、サリー・ホーキンスほか。
監督はパブロ・ラライン(『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』)、脚本はスティーヴン・ナイト(『マリアンヌ』『蜘蛛の巣を払う女』)

ダイアナ妃はこれまでナオミ・ワッツほか、様々な女優が演じてきました。最近ではNetflixドラマシリーズ「ザ・クラウン シーズン4」でダイアナ妃を演じたエマ・コリンが評判となっています。
今回のクリステン・スチュワートは、ちょっと猫背ぎみな姿がダイアナ妃っぽいですね。
ダイアナ妃の身長は178cm、クリステン・スチュワートの身長は165cm。ナオミ・ワッツとほぼ同じくらいです。

近年フランス映画を中心に活動してきたクリステン・スチュワートは『チャーリーズ・エンジェル』で『トワイライト』シリーズ以来のハリウッド・メジャー作品に復帰しましたが、興行成績・評価共にイマイチでした(cuemovieはこの映画のラスト数分の豪華カメオ出演で全てを許します!(笑))。
本作は限定された日、限定された場所のみを描く、とても箱庭的な内容ですし、クリステン・スチュワート演じるダイアナとその描き方含めて、物議は醸し出す作品になるような気がします。

本作は2021年第78回ベネチア国際映画でプレミア上映されたあと、トロント国際映画祭での上映される予定です。
全米公開は2021年11月5日です。