Home Column 2015年MTVムービーアワード ノミネート一覧

2015年MTVムービーアワード ノミネート一覧

2015年MTVムービーアワード ノミネート一覧
0

2015-mtv-movie-awards-nominations_002015年MTVムービーアワードの各賞ノミネートが発表されました。その全てをご紹介。


今年は「カメオ賞」「ヒーロー賞」「お気に入りキャラクター賞」が消えていて、他の映画賞とは一味違う、観客に近いMTVムービーアワードらしさが若干欠けています。

MTVムービーアワードはファン投票で選ばれるのですが、前作まで必ずノミネートに入っていたロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』の最終作『ホビット 決戦のゆくえ』が全くノミネートされていません。これは意外でした。

一方で、ティーンを中心とした女の子たちの投票は『きっと、星のせいじゃない。』に集中した感があります。『きっと、星のせいじゃない。』のアメリカでのヒットがどれだけ凄かったかがここからも感じ取れます。

「脱ぎっぷり賞」は男優メインの賞で、去年受賞者のザック・エフロンが今年もノミネートされていますが、今年唯一の女性ノミネートが、キャメロン・ディアス主演のキューティー映画『The Other Woman』で、ビキニ姿で走ってくれたケイト・アプトン!唯一のキューティー映画でのノミネートですから、ぜひケイトに受賞してほしいです!
決して『脱ぎっぷり賞』受賞者は当日ステージで脱ぐのがお約束で、その期待も込めているわけではありません!
2015-mtv-movie-awards-nominations_01
最優秀女優賞でスカーレット・ヨハンソンが『LUCY/ルーシー』でノミネートされているのが、MTVムービーアワードっぽくていいですね。

最優秀ミュージカルシーン賞に入った、ビル・ヘイダー&クリステン・ウィグの『The Skeleton Twins』は、予告編にもあったスターシップの「Nothing’s Gonna Stop Us Now(愛はとまらない)」を口パクで歌うシーンですね。この曲は『マネキン』の主題歌で大ヒットしています。クリステン・ウィグ、うまいな〜

2015年MTVムービーアワードは、現地時間2015年4月12日に発表されます。
今年の司会はコメディアンヌのエイミー・シュマー。彼女はジャド・アパトー監督作で主演・脚本を担当するキューティー映画『Trainwreck』が控えています。
Trainwreck:作品情報

2015年MTVムービーアワード

最優秀作品賞

『アメリカン・スナイパー』
『ハンガー・ゲーム:FINALレジスタンス』
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
『ゴーン・ガール』
『きっと、星のせいじゃない。』
『6才のボクが、大人になるまで。』
『セッション』
『セルマ』

最優秀女優賞

ジェニファー・ローレンス 『ハンガー・ゲーム:FINALレジスタンス』
エマ・ストーン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
シェイリーン・ウッドリー 『きっと、星のせいじゃない。』
リース・ウィザースプーン 『Wild』
スカーレット・ヨハンソン 『LUCY/ルーシー』

最優秀男優賞

ブラッドレイ・クーパー 『アメリカン・スナイパー』
クリス・プラット 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
アンセル・エルゴート 『きっと、星のせいじゃない。』
マイルズ・テラー 『セッション』
チャニング・テイタム 『フォックスキャッチャー』

ブレイクスルー演技賞

アンセル・エルゴート 『きっと、星のせいじゃない。』
ロザムンド・パイク 『ゴーン・ガール』
デヴィッド・オイェロウォ 『セルマ』
ディラン・オブライエン 『メイズ・ランナー』
エラー・コルトレーン 『6才のボクが、大人になるまで。』

最優秀キスシーン賞

シェイリーン・ウッドリー&アンセル・エルゴート 『きっと、星のせいじゃない。』
ジェームズ・フランコ&セス・ローゲン 『The Interview』
アンドリュー・ガーフィールド&エマ・ストーン 『アメイジング・スパイダーマン2』
スカーレット・ヨハンソン&クリス・エヴァンス 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』
ローズ・バーン&ハルストン・セイジ 『ネイバーズ』

最優秀バトル賞(BEST FIGHT)

チャニング・テイタム vs ジョナ・ヒル 『22 ジャンプストリート』
クリス・エヴァンス vs セバスチャン・スタン 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』
ディラン・オブライエン vs ウィル・ポールター 『メイズ・ランナー』
セス・ローゲン vs ザック・エフロン 『ネイバーズ』
エドワート・ノートン vs マイケル・キートン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

最優秀コメディ演技賞

チャニング・テイタム 『22 ジャンプストリート』
クリス・プラット 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
ローズ・バーン 『ネイバーズ』
クリス・ロック 『Top Five』
ケヴィン・ハート 『The Wedding Ringer』

最優秀恐怖演技賞(BEST SCARED-AS-S**T PERFORMANCE)

ロザムンド・パイク 『ゴーン・ガール』
アナベル・ウォーリス 『アナベル 死霊館の人形』
ジェニファー・ロペス 『The Boy Next Door』
ディラン・オブライエン 『メイズ・ランナー』
ザック・ギルフォード 『The Purge: Anarchy』

最優秀コンビ賞(BEST ON-SCREEN DUO)

チャニング・テイタム&ジョナ・ヒル 『22 ジャンプストリート』
ザック・エフロン&デイヴ・フランコ 『ネイバーズ』
シェイリーン・ウッドリー&アンセル・エルゴート 『きっと、星のせいじゃない。』
ブラッドレイ・クーパー &ヴィン・ディーゼル 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
ジェームズ・フランコ&セス・ローゲン 『The Interview』

最優秀脱ぎっぷり賞(BEST SHIRTLESS PERFORMANCE)

ザック・エフロン 『ネイバーズ』
クリス・プラット 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
チャニング・テイタム 『フォックスキャッチャー』
アンセル・エルゴート 『きっと、星のせいじゃない。』
ケイト・アプトン 『The Other Woman』

最優秀“なんだコレ?!”シーン賞(BEST WTF MOMENT)

セス・ローゲン&ローズ・バーン 『ネイバーズ』
ジョナ・ヒル 『22 ジャンプストリート』
ジェイソン・サダイキス&チャーリー・デイ 『Horrible Bosses 2』
マイルズ・テラー 『セッション』
ロザリオ・ドーソン&アンダース・ホルム 『Top Five』

最優秀悪役賞

ロザムンド・パイク 『ゴーン・ガール』
J・K・シモンズ 『セッション』
ジリアン・ベル 『22 ジャンプストリート』
メリル・ストリープ 『イントゥ・ザ・ウッズ』
ピーター・ディンクレイジ 『X-MEN:フューチャー&パスト』

最優秀変身賞(BEST ON-SCREEN TRANSFORMATION)

エディ・レッドメイン 『博士と彼女のセオリー』
エリザベス・バンクス 『ハンガー・ゲーム:FINALレジスタンス』
ゾーイ・サルダナ 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
スティーヴ・カレル 『フォックスキャッチャー』
エラー・コルトレーン 『6才のボクが、大人になるまで。』

最優秀ミュージカルシーン賞

ジェニファー・ローレンス 『ハンガー・ゲーム:FINALレジスタンス』
クリス・プラット 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
セス・ローゲン&ザック・エフロン 『ネイバーズ』
ビル・ヘイダー&クリステン・ウィグ 『The Skeleton Twins』
マイルズ・テラー 『セッション』