1. Home
  2. Column
  3. どうなる?『ダイバージェント』最終章&TVシリーズ。人気SF・ファンタジーYA小説原作映画の今後

どうなる?『ダイバージェント』最終章&TVシリーズ。人気SF・ファンタジーYA小説原作映画の今後

どうなる?『ダイバージェント』最終章&TVシリーズ。人気SF・ファンタジーYA小説原作映画の今後
0

シェイリーン・ウッドリー、テオ・ジェームズ、アンセル・エルゴートら若手スターが出演、人気ディストピアYA小説原作『ダイバージェント』シリーズ。その最終章『Ascendant』がTV映画となることが先日発表されましたが、これまでの流れと今後を考察してみたいと思います。


まず今回のことを整理してみます。

当初は3部作を予定していた

当初『ダイバージェント』シリーズは原作通り全3部作の映画になる予定でした。

最終章が前後編で分割された4部作に

それが、『トワイライト』『ハンガー・ゲーム』の製作・配給のライオンズ・ゲートがお得意の、最終章を前後編に分割した全4部作に変更となります。タイトルは『The Divergent Series: Allegiant — Part 1』と『The Divergent Series: Allegiant — Part 2』でした。

前後編がそれぞれ独立した作品となって4部作に

2015年9月、最終章前後編は『Allegiant』『Ascendant』とそれぞれ独立した作品に変更されます。

シェイリーン・ウッドリー主演の人気SF・YA小説原作映画『ダイバージェント』シリーズ。日本では10月16日(金)にシリーズ2作目となる『ダイバージェントNEO』が公開されますが、続く3作目、完結編の4作目のタイトルが変更になりました。新しいポスターも公開されています。『ダイバージェント』シリーズ、原作は「Divergent」「Insurgent」「Allegiant」の3部作です。それに従って映画も3作目は『The Divergent Series: Allegiant — Part 1』、完結編となる4作目は『The Divergent Series: Allegiant — Part 2』と、これまでのライオ...

最終章の撮影前に監督が降板

2016年2月、2作目『ダイバージェントNEO』から最終章『Ascendant』まで監督する予定だったロベルト・シュヴェンケが『Ascendant』撮影前に突如降板します。

人気YA小説原作、シェイリーン・ウッドリー主演『ダイバージェント』シリーズの2作目『ダイバージェントNEO』、3作目『Allegiant』(全米公開3月18日)、4作目『Ascendant』(全米公開2017年6月9日公開予定)を監督する予定だったロベルト・シュヴェンケが最終作『Ascendant』を前に突如、降板しました。YA小説原作のシリーズ映画は、これまでいずれも監督は各作品で異なっていました。その原因としては、シリーズを毎年ごとに公開するため短すぎる制作スケジュール、人気作・大作に対するプレッシャーなど、監督の負担が非常に大きい...

最終章の新しい監督が決定

2016年3月、『Ascendant』の監督が『アデライン、100年目の恋』リー・トランド・クリーガーに決定。撮影は夏からを予定(当初は春を予定)。

シェイリーン・ウッドリー主演『ダイバージェント』シリーズの2作目と3作目を監督したロベルト・シュヴェンケが最終作となる4作目の制作を前に突如降板した問題で、監督が『アデライン、100年目の恋』リー・トランド・クリーガーに決定し、春から撮影に入ることになりました。『ダイバージェント』シリーズの2作目『ダイバージェントNEO』、3作目『Allegiant』(全米公開3月18日、日本公開6月25日)を監督したロベルト・シュヴェンケは、そのまま最終作となる4作目『Ascendant』を監督する予定でした。しかし3作連続の長期ロケでの撮影...

『Allegiant』全米公開。興行成績は過去最低に

2016年3月18日、シリーズ3作目『Allegiant』全米公開。興行成績はシリーズ過去最低となってしまいます。

『ダイバージェント』シリーズ3作目『Allegiant』の全米公開が3月18日から始まりました。週末興行成績はかなり厳しい結果となっています。『Allegiant』は北米3740館でスタート。週末興行成績は2910万ドル、2位でスタートしています。同時期に初公開された映画では断トツの成績です。ちなみに1位は特大ヒット中で日本では4月公開を控えているディズニーのキューティー・アニメ映画『ズートピア』です。しかしシリーズとしては過去最低となり、前作『ダイバージェントNEO』の初動5200万ドルと比較すると実に44%近いダウンとなっていま...

最終章『Ascendant』がTV映画に。続けてTVシリーズも

『Allegiant』の興行成績が思った以上に良くなく、ライオンズ・ゲートは最終章『Ascendant』をTV映画として公開し、続けてスピンオフとなるTVシリーズを製作するすることを発表します。ちなみに『Allegiant』の日本公開が当初6月25日でアナウンスされていましたが、現在は白紙となっています。

シェイリーン・ウッドリー主演『ダイバージェント』シリーズの最終章『Ascendant』が劇場作品からTV映画に変更になりました。さらにスピンオフとなるTVシリーズがスタートします。テオ・ジェームズ、マイルズ・テラー、アンセル・エルゴートら人気若手俳優やケイト・ウィンスレット、ナオミ・ワッツなどベテラン女優を配置した人気ディストピア系YA小説が原作の『ダイバージェント』シリーズは、これまでに『ダイバージェント』(2014)『ダイバージェントNEO』(2015)『Allegiant(日本未公開)』(2016)と3作作られ、シリーズ最終章『Asc...

7月から撮影が予定されていた『Ascendant』はこの発表に伴い中断しています。