1. Home
  2. 海外版予告編
  3. ダン・スティーヴンスがロボット役で女性科学者との恋を描くドイツ映画『Ich bin dein Mensch(英題:I’m Your Man)』予告編

ダン・スティーヴンスがロボット役で女性科学者との恋を描くドイツ映画『Ich bin dein Mensch(英題:I’m Your Man)』予告編

ダン・スティーヴンスがロボット役で女性科学者との恋を描くドイツ映画『Ich bin dein Mensch(英題:I’m Your Man)』予告編
0

マレン・エッゲルト(『まともな男』)、ダン・スティーヴンス共演、女性科学者が実験用ロボットと恋をする、ドイツ映画『Ich bin dein Mensch(英題:I’m Your Man)』の予告編をご紹介。


女性科学者のアルマ(マレン・エッゲルト)は、自身の研究資金を得るために、ある実験に参加します。その実験とは、彼女が思い描く理想の男性像として設計されたロボット、トム(ダン・スティーヴンス)と3週間同居すること。人間と変わらないトムと同居した彼女の気持ちの変化を追っていく…というお話です。

共演はザンドラ・ヒュラー、ヘンリエッテ・リヒター=ロール、ハンス・レーヴほか。
監督・脚本はマリア・シュラーダー(『アンオーソドックス』『不倫時間』)、共同脚本はジョン・ションブルク(Jan Schomburg)。

ドイツ産キューティー映画は、90年代に節税対策からドイツ資本で大量のアメリカ産キューティー映画が作られたこともあり、TV映画など含めてアメリカ映画っぽい感じのものが多い印象です。
本作も予告編を見る限り、恋愛とは縁遠い感じの女性科学者のイケメンロボットに関する戸惑いを、ロマンティックにちょっとコミカルに、そして実に品格のいい感じで描いているようです。全体的にアメリカの中規模系インディペンデント・キューティー映画のような雰囲気ですね。

本国ドイツでは2021年7月1日に公開。全米では『I’m Your Man』の英題で2021年9月24日から限定公開です。