1. Home
  2. 海外版予告編
  3. オーブリー・プラザ&マイケル・ケイン、偏屈な老作家の本のプロモーションをめぐる『Best Sellers』予告編

オーブリー・プラザ&マイケル・ケイン、偏屈な老作家の本のプロモーションをめぐる『Best Sellers』予告編

オーブリー・プラザ&マイケル・ケイン、偏屈な老作家の本のプロモーションをめぐる『Best Sellers』予告編
0

オーブリー・プラザ(『イングリッド ネットストーカーの女』)、マイケル・ケイン共演、女性編集者が偏屈な老作家と本のプロモーションのためにツアーを行うが…というコメディ『Best Sellers』の予告編をご紹介。


ルーシー(オーブリー・プラザ)は父親の出版社を相続しますが、編集者志望だった素人の彼女が売れない本ばかり作ったため、今や倒産寸前。そこで以前大ヒット作を書き、今は世捨て人同然になっている作家のハリス(マイケル・ケイン)に新作を書いてもらい、そのプロモーション・ツアーを計画するものの…というお話です。

共演はエレン・ウォン、ケイリー・エルウィズほか。
監督はリナ・ロースラー。女優の彼女の初監督作品となります。脚本はアンソニ・グリエコ(Anthony Grieco)。俳優である彼も本作が初脚本です。

海外では作家が自著を売るためのプロモーションとして、各地の本屋などをめぐりトークショー(自著の朗読会)を行います。本作はそれを、野心家の若手女性出版社社長と偏屈な老作家というコンビにして、無茶苦茶な老作家に振り回される女性社長というシチュエーションでコメディにしています。こういうときのマイケル・ケインの演技は実に楽しそうですね。

全米公開は2021年9月17日です。