Home 海外版予告編 ジェマ・アータートン主演、孤独な女性作家と養子の男の子との交流を描く『Summerland』予告編

ジェマ・アータートン主演、孤独な女性作家と養子の男の子との交流を描く『Summerland』予告編

ジェマ・アータートン主演、孤独な女性作家と養子の男の子との交流を描く『Summerland』予告編
0

ジェマ・アータートン主演、ググ・ンバータ=ロー共演、第2次大戦中、孤独な女性作家と田舎に疎開してきた男の子との交流を描く『Summerland』の予告編をご紹介。


第2次大戦中、南イングランドで独りひっそりと暮らしていた作家アリス(ジェマ・アータートン)は、ロンドンから疎開してきたフランク(ルーカス・ボンド)を渋々養子にすることに。しかし2人はアリスの過去の恋愛やフランクの家族のことをお互い語る中で打ち解けあっていく…というお話です。

ググ・ンバータ=ロー、ペネロープ・ウィルトン、トム・コートネイらが共演。
監督・脚本はジェシカ・スウェイル(Jessica Swale)。彼女は舞台の劇作家で、今回長編映画は初監督・脚本となります。
彼女は2015年にチャールズ2世の愛人ネル・グウィンを主人公にした舞台劇「Nell Gwynn」を上演していますが、白人のネル・グウィンを友人のググ・ンバータ=ローに演じさせて話題となりました。翌年、ググ・ンバータ=ローに代わってネル・グウィンを演じたのがジェマ・アータートンです。

最初、予告編を最初見た時、「ジェマ・アータートン、急に老けた!何があった??」と思ったのですが、回想シーンのために老けメイクをして年齢をあげているんですね。回想シーンでジェマ・アータートンとググ・ンバータ=ローが一緒に出てきますが、なるほど。アリスが自分の過去の恋愛を語り、フランクがそれを聞いて否定しないシーン、いいですね。これは期待できそうです。ぜひ日本でも見たい作品です。

全英公開は2020年7月24日、全米限定公開&配信は2020年7月31日です。