1. Home
  2. インタビュー
  3. 『アンダー・ハー・マウス』エイプリル・マレン監督インタビュー

『アンダー・ハー・マウス』エイプリル・マレン監督インタビュー

『アンダー・ハー・マウス』エイプリル・マレン監督インタビュー
0

レズビアンの恋愛をストレートに描いているカナダ映画『アンダー・ハー・マウス』は、ユニセックスなイメージのモデル、エリカ・リンダー映画初出演が話題の作品です。制作スタッフは全員女性で固められています。そんな作品を監督した、女優でもあるエイプリル・マレンにインタビューしました。


監督のエイプリル・マレンは女優もこなしている人で、本作で監督は6作目となりますが、日本では本作の前に監督した『アウト・オブ・コントロール』というサスペンス映画だけ見ることができます。

アウト・オブ・コントロール [DVD] DVD

価格¥2,180

順位198,499位

出演キャサリン・イザベル, クリストファー・ロイド, マイケル・アイアンサイド, ほか

監督エイプリル・マレン

その他ジェフリー・グリーンスタイン, ジョナサン・ユンガー

Unknownキャサリン・イザベル

発行アルバトロス

発売日16.11.02

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API



この他、彼女のこれまでの監督作はコメディやハードなタッチのスリラーばかり。以下に紹介する彼女の監督作は、どれも自身がメインキャラクターの1人として出演しています。

じゃんけんの世界大会優勝を目指す人々のモキュメンタリー『Rock, Paper, Scissors: The Way of the Tosser』。彼女の監督デビュー作です。

3Dホラーコメディ『Dead Before Dawn 3D』。学園もの+ゾンビという定番です。

不気味な建物を調べるTVクルーたちを描くサスペンス・ホラー『Farhope Tower』

これらの作品から、アート系で自分の表現したい作品を撮るというより、来た企画を受ける職人タイプの監督さんのようです。そういう人が今回のような繊細なドラマ作品を撮るにあたってどういう風に考えてたのか、参加の経緯を含めて色々と興味がわき、インタビューしました。

当サイトでは2016年のトロント国際映画祭でのプレミア上映前から『アンダー・ハー・マウス』について伝えてきました。

女性でありながら男性モデルとしても活躍するエリカ・リンダー映画初出演のレズビアンを扱った『Below Her Mouth』がトロント国際映画祭でプレミア上映されます。その予告編をご紹介。『Below Her Mouth』はファッション誌の編集者として活躍するジャスミン(ナタリー・クリル)が主人公。彼女は婚約者と一緒に暮らしていました。ある日、女性の屋根職人ダラス(エリカ・リンダー)と出会い一晩を共にします。ジャスミンはダラスと関係したことでこれまでにはない幸福感を得ますが、同時に婚約者との関係など周囲が大きく変化していく…...

“ネオイケメン”モデル エリカ・リンダーが女優に初挑戦した、同性愛を官能的に描いた『アンダー・ハー・マウス』が10月7日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋他にて全国順次公開されます。その日本語版予告編が公開されました。男性のような出で立ちで、ユニセックスなモデルとして話題のエリカ・リンダーが、女優として初挑戦した映画『アンダー・ハー・マウス』。『フィフティ・シェイズ・シリーズ』なんてお子様ね、と言わんばかりに、R18+映画として、美しく、激しく、女性同士の恋愛のさまをとことん描きます。女性監督、...

『アンダー・ハー・マウス』で描かれるレズビアンによるセックスシーンは、ソフトポルノと言っていいくらい、とてもストレートな描き方をしています。その描き方についてもストレートに聞いています。
また、ストーリーに関する部分に立ち入っているので、鑑賞後の方がわかりやすい内容になっています(鑑賞前にこのインタビューを読んで、ここで話しているシーンに注目してもらうのもありです)。

ですので、良い子は大人になってから読んでくださいね。