1. Home
  2. Column
  3. 2021年MTVムービー&TVアワード 結果発表!

2021年MTVムービー&TVアワード 結果発表!

2021年MTVムービー&TVアワード 結果発表!
0

現地時間5月16日に発表された2021年MTVムービー&TVアワードの受賞結果です。司会はレスリー・ジョーンズ。


最優秀作品賞にNetflix『好きだった君へ:これからもずっと大好き』です!
3部作の完結編で、前作『好きだった君へ:P.S.まだ大好きです』と同時に撮影されました。前作の出来がキューティー映画なのにシリアス系のグリーンベースの画面ルック、三角関係を描いた脚本も今ひとつ…と「キューティー映画の続編にうまいものなし」だったのですが、本作では画面ルックも途中からカラフルなものに戻り、前作脚本のダメな三角関係の描き方の部分を思い切って切り捨てて、青春映画、学園ドラマの最後として、とても上手くまとまっていました。

これまでヒット作・人気作に出演の俳優陣に送られてきたMTVジェネレーションアワードをスカーレット・ヨハンソンが受賞。『ブラック・ウィドウ』への期待も高まります。キューティー映画的には『ラフ・ナイト 史上最悪!?の独身さよならパーティー』のような作品にまた出てほしいものですが。

その他各賞はノミネート作品含めて、いずれも「キューティー映画・ドラマ」的になかなかツウな作品ばかり。他のアワードでは見られないような作品が並びます。結果的にファン目線がいきとどいた最も信頼できる賞となっています。

2021年MTVムービー&TVアワード

最優秀作品賞(映画部門)

『続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画』
『ユダ&ブラック・メシア』
『プロミシング・ヤング・ウーマン』
『ソウルフル・ワールド』
『好きだった君へ: これからもずっと大好き』

最優秀作品賞(TV部門)

「ブリジャートン家」
「コブラ会」
「エミリー、パリへ行く」
「ザ・ボーイズ」
「ワンダヴィジョン」

最優秀演技賞(映画部門)

キャリー・マリガン『プロミシング・ヤング・ウーマン』
チャドウィック・ボーズマン『ユダ&ブラック・メシア』
ダニエル・カルーヤ『ユダ&ブラック・メシア』
サシャ・バロン・コーエン『シカゴ7裁判』
ゼンデイヤ『マルコム&マリー』

最優秀演技賞(TV部門)

アニャ・テイラー=ジョイ「クイーンズ・ギャンビット」
エリザベス・オルセン「ワンダヴィジョン」
エリオット・ペイジ「アンブレラ・アカデミー」
エマ・コリン「ザ・クラウン」
ミカエラ・コール「I May Destroy You」

最優秀新人賞

アントニア・ジェントリー「ジニー&ジョージア」
アシュレイ・パーク「エミリー、パリへ行く」
マリア・バカローヴァ『続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画』
ポール・メスカル「ふつうの人々」
レジ=ジーン・ペイジ「ブリジャートン家」

最優秀ヒーロー賞

アンソニー・マッキー「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」
ガル・ガドット『ワンダーウーマン 1984』
ジャック・クエイド「ザ・ボーイズ」
ペドロ・パスカル「マンダロリアン」
テヨナ・パリス「ワンダヴィジョン」

最優秀悪役賞

アヤ・キャッシュ「ザ・ボーイズ」
ユアン・マクレガー『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』
ジャンカルロ・エスポジート「マンダロリアン」
キャスリン・ハーン「ワンダヴィジョン」
ニコラス・ホルト「THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~」

最優秀キスシーン賞

チェイス・ストークス&マデリン・クライン「アウターバンクス」
ジョディ・カマー&サンドラ・オー「キリング・イヴ/Killing Eve」
リリー・コリンズ&ルーカス・ブラボー「エミリー、パリへ行く」
マイトレイ・ラマクリシュナン&ジャレン・ルイソン「私の”初めて”日記」
レジ=ジーン・ペイジ&フィービー・ディネヴァー「ブリジャートン家」

最優秀コメディ演技賞

アニー・マーフィー「シッツ・クリーク」
エリック・アンドレ『バッド・トリップ ~どっきり横断の旅~』
イッサ・レイ「インセキュア」
ジェイソン・サダイキス「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」
レスリー・ジョーンズ『星の王子 ニューヨークへ行く2』

最優秀恐怖演技賞

エリザベス・モス『透明人間』
ジャーニー・スモレット=ベル「ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路」
シモーナ・ブラウン「瞳の奥に」
ビクトリア・ペドレッティ「ザ・ホーンティング・オブ・ブライマナー」
ヴィンス・ヴォーン『ザ・フリーキー』

最優秀バトル賞

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』ファンハウスでのクライマックス
「コブラ会」家での格闘シーン
「ザ・ボーイズ」スターライト、クイーン・メイヴ、キミコ・ミヤシロ 対ストームフロント
「ワンダーヴィジョン」ワンダ対アガサ
『ジャスティス・リーグ: ザック・スナイダーカット』クライマックス 対ステッペンウルフ

最優秀コンビ賞(BEST DUO)

『バーブ&スター ヴィスタ・デル・マールへ行く』クリステン・ウィグ&アニー・マモロ
「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」アンソニー・マッキー&セバスチャン・スタン
「マンダロリアン」ディン・ジャリン&グローグー
「エミリー、パリへ行く」リリー・コリンズ&アシュレイ・パーク
『続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画』サシャ・バロン・コーエン&マリア・バカローヴァ