1. Home
  2. Column
  3. 2021年キューティー映画総括(とりあえず)

2021年キューティー映画総括(とりあえず)

2021年キューティー映画総括(とりあえず)
0

去年から映画の鑑賞方法が変わりつつある2021年、キューティー映画を総括してみます。

2021年キューティー映画トピックス

キューティー映画は公開の場をほぼ配信に移行しました。青春学園モノは、これまで1作目がヒットすると、同コンセプトで単体作品でのシリーズ化がなされていました。しかしそれも今はドラマシリーズに移行しています。

Netflix、AppleTVは、これまでの配給会社の役割を担い、新作を買い付けて配信しています。一方、ディズニー(&FOX)はディズニー+、ワーナーはHBO Max、NBCユニバーサルはPeacockとそれぞれ自社の配信サービスで自社製作作品を配信しています。しかしこの分布図は北米のものです。日本では大手映画会社の配信サービスがまだディズニー+以外行われていません(HBO Maxの一部がU-NEXTで配信)

ここで今後、日本で危惧されるのが『観る手段がない作品が増える』可能性です。
2018年、ダニエル・マクドナルド、ジェニファー・アニストン共演のミスコンに挑戦するおデブちゃんを描いた『タンプリン』がNetflixで12月から世界同時配信されました。本作は原作のYA小説含めてとても高い評価を得ていたのですが、なぜか日本だけ配信されませんでした。この時『タンプリン』の配信についてtwitter等で発信したのは日本で筆者だけでした。これまで日本未公開映画を鑑賞する手段として海外版のソフトを入手するというのがありました。しかしNetflixの独占配信である本作はソフトが発売されていません。やっとのことで見つけたのはフランス版DVD…最終的には6が月後の2019年5月に日本でも配信されるのですが、その間、未公開映画より視聴が困難であることを痛感しました。

そして今年はサンダンス映画祭で、史上最高額の配給権をAppleTVが購入した『CODA』がそのパターンとなりました。フランス映画『エール!』の英語版リメイク作である『CODA』は高い評価を得ており2021年8月にAppleTVで独占配信となりましたが、日本での配信はありませんでした。『タンプリン』のときと違いサンダンス映画祭での報道もあったので、日本で配信されないことへの疑問の声は薄っすら上がっていました。サンダンス映画祭での話題作ということもあり、どこかの配給会社が買って塩漬けにしているのかな?と思いましたが、その予想通り『CODA』は『コーダ あいのうた』という邦題で1月21日から劇場で公開です。

これにより、本来であればAppleTVに登録すれば誰でも見れるはずの『CODA』が、上映される映画館でしか観れなくなりました。当然、全国のどの映画館でも上映されるわけではないので、観ることができるのは上映館近郊の人までのものとなってしまいます。また現状のような社会情勢では、いつまた緊急事態宣言等で行動が制限されるやもしれません。

そう考えると、これまでと同じように映画配給というものが長編作品にとって最善なのか?映画館の存在意義はもはや必要となくなっているキューティー映画にとっては、せっかく配信主体となり世界中のキューティー映画を容易に受け取れるはずが、今度は映画館での配給が足枷になりかねない…と、なかなか色々考えさせられる状況になりつつあります。