1. Home
  2. ★Special
  3. Interviews
  4. -
  5. curiosity★
  6. 映画製作をしたエルシーラブコスメティック 川井愛実さん

映画製作をしたエルシーラブコスメティック 川井愛実さん

映画製作をしたエルシーラブコスメティック 川井愛実さん
1

はじめに〜、日本でキューティー映画を作るとしたら?作りたい人必見!

邦画でもキューティー映画は盛んに作られています。
大手映画会社による女性向け映画も多く作られていますが、「泣かせ」「感動」「文芸」という感じで、なかなかズバリ!キューティー映画!!と呼べるところまでいきません。しかし都内単館のみなど小規模公開のインディーズ系作品では、キューティー映画っぽい題材のものが近年増えているように感じられます。

そんな中、映画とは全く関係のない会社が作った、コメディ映画に興味を持ちました。

ラブ・グッズと称して女性向けのバイブレーターやコスメグッズを扱っている、女性社員中心の会社が、自社商品の宣伝も兼ねて「ひょんなことからラブ・グッズメーカーに就職してしまった女の子の奮戦記」という題材で映画を作ったのです。
『ラブクラフト・ガール』といいます。
公式サイト:https://www.lovecraftgirl.com/
内容的にはとてもキューティー映画的です。さらに興味をひかれたのは、この会社が原作、製作、web広報と、webで出来る限りのことを自社でやっているということでした。ニコニコ動画やYouTubeなどさまざまなネット配信ツールを利用しているところも、純粋な映画会社の宣伝とは一味違って面白いです。

日本のインディーズ系キューティー映画の今後を探る上でも、映画会社以外のところが、なぜ、どういう経緯で、どういう気持で、女性向けに映画を作ろうとしたのか?初めての映画製作の苦労話を含めて色々面白そうです。
この映画の宣伝担当者さんが重度のキューティー映画ファンで、cueを普段見ていてくれたこともあり、インタビューとあいなりました。

企画者も、もしかして重度なキューティー映画ファンなんだろうか?いや、もしかしたら男性社員があえてキューティー映画を企画したのかも?など色々想像をふくらませていましたが、残念ながら(笑)実際お会いした企画者の川井さんはごくごく普通の女性社員さんでした。

結果的にインタビューで聞いた映画製作の話が、キューティー映画のような展開になっていて面白かったです。
これを読んでいる人で「いつか自分もキューティー映画を作りたい!」と思っている人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

川井 愛実

1980年生まれ、2005年よりエルシーラブコスメティック入社(創立8ヶ月後)。企画・開発を担当しているベテランスタッフ。
趣味は料理、僻地の温泉巡り。

『ラブクラフト・ガール』はどうして企画されたのか?

川井さんは普段どういうお仕事をしているのですか?

エルシーラブコスメティックで扱っている商品全般の企画/開発です。

今回『ラブクラフト・ガール』はどういう経緯で企画されたんですか?

『ラブクラフト・ガール』は元々サイトで公開していたデジタルコミックが原作なんです。それを会社設立10周年記念で映画化しようということになりました。

『ラブクラフトガール』はシンマミサさん原作のHマンガ【2013年11月映画公開】。『グッズプランナー』として入社した茜が送る波乱と恋のラブコメディエッチ漫画。官能漫画で『官脳』の気持ちを高めましょう!

『ラブクラフト・ガール』原作コミック。無料で読めます。

映画にする時、2つ目的があったんです。1つはラブ・グッズに陽の目を見させたいと思ったんです。すごく前向きで健康的なものなんだよという啓蒙活動的な意味がありました。もう1つは私たちのような会社が映画を作ったという事実を歴史に残したかったんです(笑)
設立当初、結構虐げられてきたんですよ。映画の中でも描いてますけど他社に行くと「あんたのところはアダルトだから云々」とか言われたり。でもこんな会社でも10年間がんばれば映画が作れたということをみなさんに知ってもらいたいなと思って。

DVD通販とかネット配信という方法もありますよね?特にエルシーラブコスメティックさんはネットメインですし。それがなぜ「映画」だったのでしょう?

1つの会社で映画を作ることって大変だっていうのは話で聞いていたんですよ。
でも大変だからこそ、やってみたいというのがあって。
私たちが日々仕事している中から生まれたリアルなエピソードが映画になるんだろうか?でももしやったら面白いんじゃないんだろうか?と思ったんですね。

川井さん自身は映画がお好きなんですか?

大好きなんですよ。学生時代、自主映画とか作ってたんです。
元々は邦画のアイドル映画が大好きだったんですけど、徐々に色んな映画を見るようになりましたね。ジョン・ウォーターズの作品とか。
私がこの会社に入った時、自身で将来の目標を考えたんです。いつまでに何をすればゴールなんだろう?と。
商業映画を作ろうと。それがひとまずはゴールだと考えてました。
この会社と映画を作るということは、何の接点もないと思ってたんですが、いつかやりたいと思って、飲み会の時とか事あるごとにアピールしてたんです。
けど、やっぱりというか当然というか、いつもはね退けられてたんですね。
でも10周年の企画でこの内容だったら、というので、やっと映画が作れることになったんです。

川井さん、キューティー映画を無理矢理教え込まれる(笑)

なるほど。川井さんが映画を作りたかったというのが大きな動機だったんですね。ところでキューティー映画はお好きですか?

『エターナル・サンシャイン』とか『ヴァージン・スーサイズ』『リトル・ミス・サンシャイン』みたいな単館系映画が好きなんですけど、キューティー映画なら「ブリジット・ジョーンズの日記」が特に好きです。
大して可愛くない子ががんばるお話が好きなんです。スッカラカンで何もなくなった子が、いかにがんばっていくかというところが。
この辺は『ラブクラフト・ガール』にも通じる話だと思っているんですけど。

海外のキューティー映画ではセクシャルな内容をコメディにするのは定番なんですが、ご存知でしたか?例えば『ステイ・フレンズ』『エステラ・ウォーレンの知られたくない私のヒ・ミ・ツ ヴァージン・ラプソディー』(この後、同席していた重度のキューティー映画ファンの映画宣伝担当者さんと一緒に多くのキューティー映画の作品名をツラツラとあげていく)

[429] [429] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `429 Too Many Requests` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#TooManyRequestsException","Errors":[{"Code":"TooManyRequests","Message":"The request was de (truncated...)

[429] [429] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `429 Too Many Requests` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#TooManyRequestsException","Errors":[{"Code":"TooManyRequests","Message":"The request was de (truncated...)


いえ、全然知りませんでした!そうなんですか!まだまだ勉強不足で…さっそく見てみます(笑)

では、企画者の川井さんは海外のキューティー映画の定番と知らずに、自然と『ラブクラフト・ガール』はセクシャルなコメディテイスト作品になったということなんですね。

ええ、偶然ですが、そういうことですね。