Home 海外NEWS ダニエル・マクドナルド主演、オペラ歌手を目指すヒロインを描く『Falling For Figaro』

ダニエル・マクドナルド主演、オペラ歌手を目指すヒロインを描く『Falling For Figaro』

ダニエル・マクドナルド主演、オペラ歌手を目指すヒロインを描く『Falling For Figaro』
0

ダニエル・マクドナルド(『ダンプリン』『パティ・ケイク$』)、ジョアンナ・ラムレイ(『輝ける人生』『ザッツ・ファビュラス!』)共演、以前から夢だったオペラ歌手を目指す女性と元オペラ歌手の鬼コーチとの関係を描く『Falling For Figaro』をご紹介。


ミリー(ダニエル・マクドナルド)はファンド・マネージャーとして稼いでいましたが、満たされない毎日に嫌気がさし、長年の夢だったオペラ歌手になるため仕事をやめ、長年付き合ってきた彼氏とも別れ、単身でスコットランドにやってきます。そこでミリーは元有名オペラ歌手のメーガン(ジョアンナ・ラムレイ)に師事。厳しいレッスンを受けます。そして同じくコンテストの出場を目指してメーガンに教わっているマックス(ヒュー・スキナー)とライバル関係から恋人になって…というお話です。

共演はシャザド・ラティフ、ゲイリー・ルイス、ヒュー・スキナーほか。
監督・脚本はベン・リューイン(『500ページの夢の束』)、共同脚本はアーラン・パーマー。

劇中では「セビリアの理髪師」「フィガロの結婚」「ドン・ジョバンニ」「ロメオとジュリエット」「カルメン」「椿姫」など有名オペラ曲が劇中で歌われます。
カンヌのオンライン・マーケットで配給権が売買される予定です。