1. Home
  2. 海外NEWS
  3. ミリー・ボビー・ブラウン主演Netflix『エノーラ・ホームズの事件簿』続編、決定!

ミリー・ボビー・ブラウン主演Netflix『エノーラ・ホームズの事件簿』続編、決定!

ミリー・ボビー・ブラウン主演Netflix『エノーラ・ホームズの事件簿』続編、決定!
0

ミリー・ボビー・ブラウン主演、シャーロック・ホームズの妹、エノーラの活躍を描いたNetflix『エノーラ・ホームズの事件簿』(2020)の続編が決定しました。


16歳のエノーラ・ホームズ(ミリー・ボビー・ブラウン)は、シャーロック・ホームズ(ヘンリー・カヴィル)、マイクロフト・ホームズ(サム・クラフリン)の歳の離れた妹です。『エノーラ・ホームズの事件簿』では消えた母(ヘレナ・ボナム・カーター)を探してロンドンで冒険をすることになるエノーラの活躍を描きました。

原作は女優作家ナンシー・スプリンガーによるシリーズYA小説で、日本でも「ノーラ・ホームズの事件簿」シリーズとしてルルル文庫から出版されてます。

エノーラの視聴者へ語りかけるスタイルもさほどしつこくなく、物語の展開は結構ハードな話でしたがコメディ的要素あり、兄シャーロック・ホームズとの関係、ほのかな恋のお話など、良質なキューティー映画になっていました。前作がNetflixで高い視聴数となったことから、続編の制作が期待されていました。

ミリー・ボビー・ブラウン主演、シャーロック・ホームズの妹の活躍を描くNetflixキューティー映画『エノーラ・ホームズの事件簿』の予告編をご紹介。16歳のエノーラ・ホームズ(ミリー・ボビー・ブラウン)はシャーロック・ホームズ(ヘンリー・カヴィル)、マイクロフト・ホームズ(サム・クラフリン)の歳の離れた妹です。彼女は小うるさい兄たちが彼女をレディにしようと寄宿舎に入れようとするのを変装でかい潜りながら、ロンドンで「探し屋」を始めて、兄たちと共に事件解決に活躍する…という、シャーロック・ホームズの世界観を...

原作シリーズの映像化か、オリジナルストーリーかなど詳細は不明ですが、メインキャストと監督のハリー・ブラッドビア、脚本のジャック・ソーン(『ワンダー 君は太陽』)が前作に引き続き参加します。
制作開始は年内後半の予定です。