1. Home
  2. 海外版予告編
  3. フランス映画『エール』のリメイク『Coda』予告編

フランス映画『エール』のリメイク『Coda』予告編

フランス映画『エール』のリメイク『Coda』予告編
0

耳の不自由な家族の中で唯一の健常者で歌がうまいヒロインを描くエミリア・ジョーンズ主演、アップルTV+映画『Coda』予告編のご紹介。


耳の不自由な父(トロイ・コッツァー)、母(マーリー・マトリン)、兄(ダニエル・デュラント)という家族に囲まれた17歳のルビー(エミリア・ジョーンズ)は家族の中で唯一健常者です。そんな彼女が学校でコーラス部に入ったことからその天性の歌声を見いだされ、彼女の新しい人生が動き出す…というお話です。

共演はエウヘニオ・デルベス、フェルディア・ウォルシュ=ピーロほか。
監督・脚本はシアン・ヘダー(『タルーラ ~彼女たちの事情~』)

本作は2014年に全仏で公開され大ヒットし、日本でも2015年に公開されたフランス映画『エール!』の英語版リメイクです。オリジナル版は大傑作キューティー映画です。
詳細な感想文はこちら

音が重要なオープニングまずはヒロイン、ポーラの登校までの日常風景を描く、映画のオープニングシーンが秀悦です。怒りっぽい父、元モデルの美しい母、マセた弟…それぞれがテーブルを囲い朝食を取るいつもの朝の風景。扉の開け閉めする音、フライパンから料理をお皿に移す音、食器を置く音、それら生活音の全てがガサツでガチャガチャと大きな音を立てています。しかしみんな平然としています。ガサツな音さえなければ、一般的な家族の朝の風景です。ポーラが家を出るとき、みんな手話をしています。ここでこの一家が、ポーラ以外みん...

2021年サンダンス映画でプレミア上映され、アップルTVがサンダンス映画祭史上最高額で配給権を獲得し、USドラマチック部門の最優秀賞、監督賞、アンサンブルキャスト賞、観客賞と4冠に輝いています。

予告編を見ると、いくつかオリジナル版から改変があることがわかります。まず家族の弟が兄に。そして家族の仕事が漁師になっています。そして歌。オリジナル版ではフランスの有名シャンソン歌手の歌の数々がとても重要な位置を占めていました。

オリジナル版では健常者の俳優が聴覚障害を持つ両親を演じていましたが、本作では父、母、兄の俳優はいずれも聴覚に障害をもつ名優たちです。あらゆる意味で期待の1作です。

全米公開・アップルTVでの配信は2021年8月13日です。