1. Home
  2. 海外版予告編
  3. 『101匹わんちゃん』クルエラをエマ・ストーンが演じる『Cruella』予告編

『101匹わんちゃん』クルエラをエマ・ストーンが演じる『Cruella』予告編

『101匹わんちゃん』クルエラをエマ・ストーンが演じる『Cruella』予告編
0

ディズニーのアニメーション映画『101匹わんちゃん』の悪役、クルエラ・ド・ヴィルをエマ・ストーンが演じる『Cruella』の予告編が公開されました。


パンク文化全盛の70年代のロンドン。ファッションの世界でなんとか成功しようともがいているエステラ(エマ・ストーン)は、2人の泥棒と友達になり、路上生活をしていました。そんな彼女のファッションセンスが、ファッション界の女王の目に留まります。しかし、彼女と関わることでエステラはやがて邪悪なところが現れてきて…という、クルエラ・ド・ヴィルになる前章が描かれます。

エマ・トンプソン、ジョエル・フライ、ポール・ウォルター・ハウザーらが出演。
監督は『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』クレイグ・ギレスピー。脚本はトニー・マクナマラ(『女王陛下のお気に入り』)、俳優のスティーヴ・ジシス(『ハッピー・デス・デイ 2U』)、ケリー・マーセル(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』『ウォルト・ディズニーの約束』)、アライン・ブロッシュ・マッケンナ(『プラダを着た悪魔』)などを経て、最終的にはデイナ・フォックス(『ロマンティックじゃない?』『ワタシが私を見つけるまで』)の脚本をトニー・マクナマラ(『女王陛下のお気に入り』)がまとめたようです。

ディズニーのアニメーション映画『101匹わんちゃん』の悪役、クルエラ・ド・ヴィルをエマ・ストーンが演じる『Cruella』の撮影がロンドンで開始されました。エマ・ストーンの赤毛に注目です。パンク文化全盛の70年代のロンドンを舞台に、クルエラ・ド・ヴィルの生き様を描いていくお話で、エマ・トンプソン、ジョエル・フライ、ポール・ウォルター・ハウザーらが出演。監督は『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』クレイグ・ギレスピー。発表されたエマ・ストーン扮するクルエラはオリジナルのアニメーション映画のイメージ通り、...

クレイグ・ギレスピー監督の『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』は、映像的にはよくあるインディペンデント映画なタッチでシリアス&ダークな感じですが、どこか突き放した感のあるブラックコメディの要素が見え隠れしていて、独特の面白さと気軽さを醸し出していました。
今回の予告編を見る限りでは、前作同様、映像の断片のイメージで想像しても裏切られる感じのひねりが効いています。これは楽しみです。

全米公開予定は2021年5月28日です。