Home 海外版予告編 クロエ・グレース・モレッツ、トム、ジェリー共演、実写映画版『トムとジェリー』予告編

クロエ・グレース・モレッツ、トム、ジェリー共演、実写映画版『トムとジェリー』予告編

クロエ・グレース・モレッツ、トム、ジェリー共演、実写映画版『トムとジェリー』予告編
0

クロエ・グレース・モレッツ出演、実写映画版『トムとジェリー(原題:Tom and Jerry)』の予告編が公開されました。


豪華結婚式が予定されているニューヨークの高級ホテルに勤めている新人従業員ケイラ(クロエ・グレース・モレッツ)は、ホテルにいるねずみのジェリーを追い払うことを命じられます。そこでケイラは路地裏で見つけたトムにジェリー退治をさせようとして…というお話です。

共演はマイケル・ペーニャ、コリン・ジョスト、ケン・チョン、ロブ・ディレイニー、ジョーダン・ボルジャー、パラビ・シャーダほか。
監督はティム・ストーリー(『ベガス流 ヴァージンロードへの道』『魔法の恋愛書』)。脚本はケヴィン・コステロ(『ブリグズビー・ベア』)

元々、本作は2021年4月公開予定が2020年12月に繰り上がっていました。

実写映画版『トムとジェリー』の全米公開日が2021年4月16日から2020年12月23日に繰り上がりました。豪華結婚式が予定されているニューヨークの高級ホテルに勤めている新人従業員ケイラ(クロエ・グレース・モレッ...

しかし今回、再び2021年公開として発表されています。(具体的な公開日は未定)

「トムとジェリー」は制作者、製作会社によって、テイストが異なります。最も人気があるのは、日本でも再三放送されていたMGM版(ハンナ=バーベラ、チャック・ジョーンズ制作)ではないでしょうか?
主にトムが過激なまでにやられる暴力描写、扉にぶつかったり穴にはまって体が変形など、アニメーションならではのスピーディーなギャグ、そして高度で小粋なアニメーションと劇伴…
「トムとジェリー」の権利は最終的にワーナーのものになりますが、後のシリーズは暴力描写を抑えられていて、おっかけっこがあまりおもしろくありません。

そのワーナーで、セル調に変換された3DCGアニメが合成され実写として制作されたのが本作です。アニメーションを担当したのはイギリスのVFX会社フレームストア。
予告編冒頭、ワーナー版っぽい仲良しのトムとジェリーが描写されますが、が、それは引っ掛け。なかなかわかっていますね(笑)
その後の描写を見るとテイスト的にはMGM時代を彷彿させます。今の時代、往年のトムとジェリーの過激な追っかけっこの再現は難しいと思いますが、どこまで挑戦するかとても楽しみです。

共演のクロエ・グレース・モレッツのコメディ演技は『ネイバーズ2』の女性大生役で実証済み。今回は受け身の芝居がメインだと思いますが、彼女の共演も期待できます。

全米公開は2021年とだけアナウンスされています。現状ではなかなか公開日の設定が難しいでしょうね。