Home 海外版予告編 実在した女性ガンマンの若い頃を描くフランス産アニメ映画『Calamity』予告編

実在した女性ガンマンの若い頃を描くフランス産アニメ映画『Calamity』予告編

実在した女性ガンマンの若い頃を描くフランス産アニメ映画『Calamity』予告編
0

『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』のレミ・シャイエ監督の新作アニメ映画『Calamity』の予告編が公開されました。19世紀のアメリカ西部を舞台に実在の女性ガンマン、カラミティ・ジェーンの若い頃の冒険を描きます。


1863年アメリカ西部を旅する一家の長女マーサ・ジェーンは、怪我をした父親の代わりに馬に乗ることを覚えます。マーサはパンツルックになり髪を切り、男勝りになっていきますが、盗みの疑いをかけられてしまい、逃亡することに…というお話です。
タイトルの正式名は『Calamity:une enfance de Martha Jane Cannary (英題:Calamity:A Childhood of Martha Jane Cannary)』
女性ガンマンの元祖として有名な実在したカラミティ・ジェーンが、あだ名の”カラミティ”で呼ばれる前の、本名のマーサ・ジェーンの頃を描きます。

監督・脚本は 共同脚本は前作『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』に続いてファブリス・ドゥ・コスティル、新たにサンドラ・トセロ(Sandra Tosello)が加わっています。

カラミティ・ジェーンは西部開拓時代の女性ガンマンの元祖として有名で、自伝を出版していることなどもあり、過去に複数の映画や小説などに登場しています。
フランスでは2020年10月14日に公開されます。