Home 海外NEWS 『ダーティ・ダンシング』続編の監督にジョナサン・レヴィン

『ダーティ・ダンシング』続編の監督にジョナサン・レヴィン

『ダーティ・ダンシング』続編の監督にジョナサン・レヴィン
0

ヒロイン”ベイビー”を演じたジェニファー・グレイが製作総指揮で参加し、ライオンズゲートが企画開発を進めている『ダーティ・ダンシング』の続編の監督をジョナサン・レヴィンが務めるようです。


1990年代を舞台に『ダーティ・ダンシング』のヒロイン”ベイビー”が登場すると言われている続編企画、脚本開発はミッキ・ドートリー&トビアス・イアコニス(『ラ・ヨローナ ~泣く女~』)コンビが担当していますが、ジョナサン・レヴィン(『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』『クレイジー・バカンス ツイてない女たちの南国旅行』『ウォーム・ボディーズ』)も参加しており、彼が監督を務めることになるようです。
ジョナサン・レヴィン監督とライオンズゲートは『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』で仕事をしたばかりですし、この選択は妥当ともいえます。

ジェニファー・グレイが製作総指揮として参加している企画開発中のダンス映画は、どうやら『ダーティ・ダンシング』の正当な続編になるようです。『ダーティ・ダンシング』の権利を保有する製作・配給会社ライオ...

ジョナサン・レヴィン監督は『ウォーム・ボディーズ』の時にインタビューしています。彼は音楽の使い方がどの作品もうまいので、今回の企画にもピッタリです。

近年アメリカでは大人気ドラマ「ウォーキング・デッド」、ブラッド・ピッド主演映画として過去最高の興行収益をあげた『ワールド・ウォーZ』など、ゾンビものがブームです。ゾンビは色々なメタファーとして使うこ...