Home Column 『プラダを着た悪魔』公開10周年!制作秘話いろいろ

『プラダを着た悪魔』公開10周年!制作秘話いろいろ

『プラダを着た悪魔』公開10周年!制作秘話いろいろ
0

2006年6月30日、アン・ハサウェイ&メリル・ストリープ共演『プラダを着た悪魔』が公開されました(日本は同年11月18日)。現地時間6月30日、今年で公開10周年となります。10年目にして語られた制作秘話の数々です。


キューティー映画の大ヒット作『プラダを着た悪魔』の説明は不要ですね。本作をきっかけにアン・ハサウェイは大人の女性たちに支持される女優になり、エミリー・ブラントは大出世を果たしました。
the-devil-wears-prada-10th_04

アンディ役の候補は当初、アン・ハサウェイではなく、レイチェル・マクアダムスだった。

アン・ハサウェイは当時『プリティ・プリンセス』のイメージが強く、この映画を対象とする成人女性層の共感を得るヒロインを演じるには弱いと考えられていました。
そこで映画会社は当時『きみに読む物語』で女性層の支持が高かったレイチェル・マクアダムスをアンディ役に考えていました。しかし当時、彼女はサラ・ジェシカ・パーカー、ダイアン・キートンらと共演した『幸せのポートレート』の撮影とスケジュールが重なっていたため、最終的にはアン・ハサウェイに決まりました。

ミランダの話し方はクリント・イーストウッドがヒントに

劇中ミランダはいつも、とても静かなしゃべり方をしています。
メリル・ストリープはミランダを演じるとき、クリント・イーストウッドの話し方を真似たそうです。彼女いわく、クリント・イーストウッドは決して大きな声を出さないけど、周りにいる人はみんな彼の言葉を聞いて従ってしまうそうで、その力あるささやき声をミランダのしゃべり方に取り入れました。しかしクリント・イーストウッドは真面目で面白くないそうで(笑)皮肉の中にユーモアを交える部分に関しては『心みだれて』『ワーキングガール』監督のマイク・ニコルズを真似たそうです。
the-devil-wears-prada-10th_02クリント・イーストウッド/マイク・ニコルズ
そして白髪でファッショナブルで知的なスタイルは、85歳の現役トップモデル、カルメン・デロリフィチェと、フランス出身で国際通貨基金(IMF)で初の女性専務理事を務めるクリスティーヌ・ラガルドを参考にしたそうです。
the-devil-wears-prada-10th_01カルメン・デロリフィチェ/クリスティーヌ・ラガルド

ミランダがアンディにファッションの歴史を語るシーン

劇中、ファッション界を小馬鹿にしていたアンディをミランダが、アンディが着ている既成品の青いセータを例に、ファッション界の影響力を語りアンディを黙らせる名シーンがあります。あれはメリル・ストリープによる提案だったそうです。メリルはミランダを単なる悪役上司にしたくなかったそうで、成功したビジネス・ウーマンとしての彼女を描くシーンを提案しました。結果的にそれがこの名シーンを産み出します。
the-devil-wears-prada-10th_03

ナイジェル役は撮影の3日前まで未定のままだった

ナイジェル役は最終的にスタンリー・トゥッチが演じます。この時の出演を機に、彼は後にエミリー・ブラントの姉と再婚するのですから面白いものです。

フランスのシーンの撮影にメリル・ストリープは行っていなかった。

後半の舞台となるフランスのシーン、FOXの重役が「メリル・ストリープをフランスのロケに参加させるとお金がかかリすぎる」と判断して、彼女のフランスでのロケはありませんでした。彼女のシーンは全てアメリカ国内で撮影されています。


プラダを着た悪魔 (字幕版) Prime Video

価格¥299

順位1,715位

出演Meryl Streep, Anne Hathaway, Emily Blunt, ほか

監督David Frankel

発売日13.11.26

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API