Home 海外版予告編 アンソニー・ラパリア&ラーセン・トンプソン共演、疑似父娘の共同生活を描く『Pearl』予告編

アンソニー・ラパリア&ラーセン・トンプソン共演、疑似父娘の共同生活を描く『Pearl』予告編

アンソニー・ラパリア&ラーセン・トンプソン共演、疑似父娘の共同生活を描く『Pearl』予告編
0

ラーセン・トンプソン初主演、アンソニー・ラパリア(『レディ・ガイ』「WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!」)共演、15歳の女の子と亡き母の元カレの共同生活を描く『Pearl』の予告編をご紹介。


15歳のパール(ラーセン・トンプソン)は、ピアニストの母(サラ・カーター)と継父(ネスター・カーボネル)のもと、憧れの名門音楽学校の進学を控えていました。しかしある日、継父が母を殺害する事件が起きます。パールは母の元恋人で仕事をしていない映画監督のジャック(アンソニー・ラパリア)に引き取られます。ジャックはパールの父親である可能性もあり、親子鑑定の結果が出る間、2人は共同生活を送ることになり…というお話です。

共演はブルース・デイヴィソン、バーバラ・ウィリアムズ、ミンナ・ウェンほか。
監督・脚本は主にテレビドラマ演出で活躍しているベテラン、ボビー・ロス。

パールを演じるラーセン・トンプソンは現在19歳。有名アーティストのバックダンサーを務めてきて、子役からドラマなどに出演もしていますが、主役級の出演は初となります。

公式のストーリー説明でヒロインの年齢が15歳だったり16歳だったり、かなり適当なのですが(笑)当サイトでは一番多くの使われている「15歳」を採用しています。
ダメ男がティーンの女の子と出会い、親として大人として成長する、どちらかというと男性目線のお話だと思うのですが、キューティー映画としてはティーンであるパールの方のドラマに注目したいところです。

米アップルTVでは2020年8月11日から配信販売がされていますが、日本では未発売です。
近日劇場公開が予定されているようです。