1. Home
  2. 海外NEWS
  3. 『グリース』前章『Summer Lovin』の監督に『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』ブレット・ヘイリー

『グリース』前章『Summer Lovin』の監督に『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』ブレット・ヘイリー

『グリース』前章『Summer Lovin』の監督に『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』ブレット・ヘイリー
0

名作ミュージカル映画『グリース』の前章となる『Summer Lovin』の監督に『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』のブレット・ヘイリーが抜擢されました。


『グリース』のミュージカルシーン「Summer Nights」で語られる、ダニー(ジョン・トラボルタ)とサンディ(オリビア・ニュートン・ジョン)が夏休みに避暑地で初めて出会った頃を描く『Summer Lovin』は、パラマウントが企画開発を行い、脚本を『チャーリーズ・エンジェル』シリーズや『ビッグ・フィッシュ』、実写版『アラジン』のジョン・オーガストが手がけ、その後女優で脚本家のリーア・マケンドリックが引き継いで完成させています。

ジョン・トラボルタとオリビア・ニュートン・ジョン共演ミュージカル映画の金字塔『グリース』(1978)の前章を描く『Summer Loving』の企画開発がパラマウントによってスタートしました。『グリース』は、夏休みに避暑地で知り合ったダニー(ジョン・トラボルタ)とサンディ(オリビア・ニュートン・ジョン)が、サンディがダニーの学校に転校したことで再会するところから物語が始まります。劇中では冒頭のイメージシーンとダニーとサンディの思い出話しとしてしか語られません。それはミュージカルシーン「Summer Nights」で表現されま...

今回監督に抜擢された、ブレット・ヘイリーは『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』で音楽を通した親娘の絆を描き、高評価を得ました。インディペンデント作品で小品でしたが、とても良かったです。
ニック・オファーマン(『ぼくとアールと彼女のさよなら』)とカーシー・クレモンズ(『ネイバーズ2』)が親子を演じる、父娘でバンドを組む『Hearts Beat Loud』の予告編が公開されました。レコード屋も閉めることになったフランク(ニック・オファーマン)は、妻に先立たれ独り身。さらに一緒に暮らしていた娘のサム(カーシー・クレモンズ)がもうすぐ大学に行くため離れ離れになってしまいます。そこでフランクはサムと思い出の曲作り。そのときに作った曲をきっかけにフランクはサムと本格的なバンドを組みたがるのですが、当然サ...

その後、エル・ファニング主演のNetflixキューティー映画『最高に素晴らしいこと』、そして同じくNetflixで公開予定、アウリイ・クラヴァーリョ(『モアナと伝説の海』)主演『Sorta Like a Rock Star』と、YA小説原作のキューティー映画の監督が続いています。

今の若者向けに、「ひと夏の経験」を描く青春物語となるであろう『Summer Lovin』でのブレット・ヘイリーの監督抜擢は正解です。『グリース』の前章という大きな看板を背負いつつ、キューティー映画としてどう仕上げるのか楽しみです。

ちなみに『Sorta Like a Rock Star』の監督は以前2回発表がありましたが、最終的にブレット・ヘイリーとなっています。

FOXサーチライトが以前から進めていた、『世界にひとつのプレイブック』原作者のマシュー・クイックによるYA小説「Sorta Like a Rockstar」の映画化企画で、監督が『アレクサンダーの、ヒドクて、ヒサンで、サイテー、サイアクな日』『グッド・ガール』のミゲル・アルテタに決まりました。「Sorta Like a Rockstar」は『世界にひとつのプレイブック』原作者のマシュー・クイックによる同名YA小説が原作です。マシュー・クイックは元々YA小説の書き手としての方がメインの作家です。ヒロインの女子高生アンバー・アップルトンは、呑んだ...

女優のブライス・ダラス・ハワード(『ジェラシック・ワールド』『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』)が、『世界にひとつのプレイブック』原作者マシュー・クイックのYA小説「Sorta Like a Rock Star」の映画化で初監督をつとめることになりそうです。彼女の短編監督作品をいくつかご紹介します。アンバーはスクールバスに母親と犬と一緒に住み、シャワーや食事は友達の家ですます、楽観主義で前向きな女子高校生。しかし彼女に悲劇が襲いかかり、生活が一変してしまう…というお話です。2010年に『世界にひとつのプレイブック』原作...