1. Home
  2. 海外NEWS
  3. 『プッシーキャッツ』20周年!メンバー再結集!!

『プッシーキャッツ』20周年!メンバー再結集!!

『プッシーキャッツ』20周年!メンバー再結集!!
0

ハンナ・バーべラのアニメ『Josie And The Pussycats(邦題:ドラドラ小猫とチャカチャカ娘)』の実写化、『プッシーキャッツ』が公開から20年を迎えました。その記念にバンドメンバーを演じたレイチェル・リー・クック、タラ・リード、ロザリオ・ドーソンが再結集しました。


レイチェル・リー・クック、タラ・リード、ロザリオ・ドーソンが演じる3人のガールズバンドを売り出すレコード会社の真の陰謀…それは音楽で若者たちを洗脳することだった!という当時のガールズ・ロックをメインにした、実に楽しいキューティー映画です。
共演にパーカー・ポージー、アラン・カミングほか。カメオ出演も多く、プロデューサーにはベイビーフェイスも名を連ね、音楽業界ネタもたくさん入っていました。

この映画はハンナ・バーべラの『Josie And The Pussycats(邦題:ドラドラ小猫とチャカチャカ娘)』というアニメが原作です。ハンナ・バーベラは「トムとジェリー」「チキチキマシーン猛レース」「原始家族フリントストーン」などを作ってました。 この作品の監督ハリー・エルフォント、デボラ・カプランの2人(コンビのようです)は、この作品の前に『フリントストーン2』を撮ってるんですね。何か関係あるんでしょうか? B0006HBM5Oこの映画、女の子のロックバンドのお話ですが、映画制作当時の最新ロック、ポップが好きな人には楽し...

バンド”プッシーキャッツ”のメンバーだった、レイチェル・リー・クック、タラ・リード、ロザリオ・ドーソンがZoomで再会した映像がこちらです。
思い出話を補完するために、映画本編の映像も会話中にたくさんインサートされます。

当時、レイチェル・リー・クックは『シーズ・オール・ザット』などキューティー映画のヒロインでの人気は高かったのですが、この映画のあとはロザリオ・ドーソンが話題作、大作に多く出演しました。今はタラ・リード含めて女優としてのキャリアを確実に刻んでいます。

サントラは疾走感のあるガールズロックのアルバムとしても実にかっこよく、未だに全く色あせません。


ちなみに、劇中のレイチェル・リー・クックの歌声は吹き替えです(笑)