1. Home
  2. 海外版予告編
  3. アディソン・レイ&タナー・ブキャナン共演『シーズ・オール・ザット』男女逆転版『ヒーズ・オール・ザット』予告編

アディソン・レイ&タナー・ブキャナン共演『シーズ・オール・ザット』男女逆転版『ヒーズ・オール・ザット』予告編

アディソン・レイ&タナー・ブキャナン共演『シーズ・オール・ザット』男女逆転版『ヒーズ・オール・ザット』予告編
0

アディソン・レイ&タナー・ブキャナン共演、プロムまでにダサい男子生徒をプロムまでに落とすカケをした人気女生徒を描く、Netflix映画『ヒーズ・オール・ザット』の予告編をご紹介。


キューティー映画者(もの)なら、このタイトルにピンと来ますよね?ダサい女子を誘ってプロムまでに落とすカケをした学園で人気の男子生徒が、ダサい女子と心を通わせていく…という、キューティー映画の名作、レイチェル・リー・クック&フレディ・プリンゼ・Jr共演1999年公開(日本は2000年)『シーズ・オール・ザット』の男女逆転版です。

今回は、人気女生徒が人気配信者という設定になっています。ヒロイン役アディソン・レイは本人がTikTokスターです。
相手役はタナー・ブキャナン(「コブラ会」シリーズ)。共演にマディソン・ペティス、マシュー・リラード、ペイトン・マイヤー、イザベラ・クロヴェッティ、アニー・ジェイコブ、そしてレイチェル・リー・クック!

監督はキューティー映画の巨匠マーク・ウォーターズ(『恋人はゴースト』『ミーン・ガールズ』『フォーチュン・クッキー』)、脚本はオリジナル版の脚本家であるR・リー・フレミング・Jr。

以前、リメイク企画もありましたが最終的には男女逆転版となりました。

レイチェル・リー・クック、フレディ・プリンゼ・Jr.共演による、1999年公開(日本は2000年)傑作キューティー映画『シーズ・オール・ザット』のリメイク企画が始動しました!『シーズ・オール・ザット』のリメイクはオリジナルを製作したミラマックス、ワインスタイン・カンパニーによって進められているようですが、まだ公式コメントは出ていません。企画・制作にはスパイク・リーの妻、トンヤ・ルイス・リーの会社が関わっています。監督にはケニー・レオンが候補にあがっています。彼は2012年、『マグノリアの花たち』をオール黒人...

予告編では、『シーズ・オール・ザット』のテーマ曲で大ヒットしたSixpence None The Richerの「Kiss Me」が今風にアレンジされて流れてますし、レイチェル・リー・クックの姿も。
企画、監督・脚本が完璧です。もうこれは期待するしかありません。さらに本作にあわせて『シーズ・オール・ザット』の配信もNetflixで行われると予想しますが、こちらも楽しみです。
Netflixで2021年8月27日より配信開始です。