1. Home
  2. 国内NEWS
  3. キャリー・マリガン主演、英の有名な遺跡サットン・フー発掘の実話Netflix映画『時の面影』予告編

キャリー・マリガン主演、英の有名な遺跡サットン・フー発掘の実話Netflix映画『時の面影』予告編

キャリー・マリガン主演、英の有名な遺跡サットン・フー発掘の実話Netflix映画『時の面影』予告編
0

キャリー・マリガン、レイフ・ファインズ共演、イギリスの有名な遺跡、サットン・フー発掘を巡る実話を元にしたNetflix映画『時の面影』の予告編をご紹介。


1939年、第二次世界大戦前のイギリス。サットン・フーに引っ越してきた未亡人エディス (キャリー・マリガン) は、自分の土地に不思議な塚がいくつかあることに気付きます。彼女はアマチュアの考古学者バジル (レイフ・ファインズ) を雇い発掘します。その塚からは船葬墓がほぼ原型のまま出土し、中から多くの貴重品が出てきて、発掘作業は次第に大掛かりになっていく…という、今やイギリスのとても有名な遺跡「サットン・フー」を巡る実話の映画化です。

共演はリリー・ジェームズ、ジョニー・フリン、ケン・スコット、モニカ・ドランほか。
監督は俳優のサイモン・ストーン。脚本はモイラ・バフィーニ(『ビザンチウム』『ジェーン・エア』)。

サットン・フーから出土した船葬墓(船をお墓にしたもの)は墓荒らしにも合わず、船内からは遺体と共にアングロサクソン時代の貴重な品々が数多く発見され、考古学的に重要な資料となりました。第1発見が第二次世界大戦勃発の年で、戦時下となりつつある中、急ピッチで作業が行われたようです。そのあたりも映画で描かれているようですね。

当初、キャリー・マリガン演じる未亡人はニコール・キッドマンがキャスティングされていました。
2021年1月29日からNetflixで配信開始です。