Home 海外版予告編 ジェニファー・ハドソンがアレサ・フランクリンを演じる『Respect』特報第2弾

ジェニファー・ハドソンがアレサ・フランクリンを演じる『Respect』特報第2弾

ジェニファー・ハドソンがアレサ・フランクリンを演じる『Respect』特報第2弾
0

ジェニファー・ハドソンがアレサ・フランクリンを演じる、伝記映画『Respect』の特報第2弾が公開されました。劇中シーンが垣間見れます。


2018年に76歳で亡くなったソウルの女王、アレサ・フランクリンの、幼少期からスターになるまでを描きます。

アレサの父親をフォレスト・ウィテカー、アレサの母親をオードラ・マクドナルド、アレサの最初の夫テッド・ホワイトをマーロン・ウェイアンズ、「ブルースの女王」と呼ばれたダイナ・ワシントンをメアリー・J・ブライジが演じます。
その他、マーク・マロン、タイタス・バージェス、テイト・ドノヴァンらが出演。
監督は長編初監督の南アフリカ生まれの舞台演出家リースル・トミー。脚本は長編初となるトレーシー・スコット・ウィルソン。

ジェニファー・ハドソンがアレサ・フランクリンを演じる伝記映画『Respect』の特報が公開されました。アレサのヒット曲で映画のタイトルにもなっている「リスペクト」をジェニファー・ハドソンが熱唱します。2018...

今回の特報第2弾は、前回の特報同様、タイトルにもなっている1967年に発表された「リスペクト」に乗せて、劇中シーンを見せてくれます。ジェニファー・ハドソン、歌い方をアレサ・フランクリンに似せてきましたね。
近年、歌手の伝記映画はいずれも成功していますから、本作もよほど変なことをしない限りヒットは確実ではないかと思われます。

本作は当初、全米で2020年10月公開予定でしたがコロナ禍で延期となり、2020年12月24日に限定公開された後、2021年1月15日に拡大公開となります。