Home Column 「グリー/glee」シーズン6 #13 歌シーン

「グリー/glee」シーズン6 #13 歌シーン

「グリー/glee」シーズン6 #13 歌シーン
0

「glee/グリー」シーズン6の13話、最終回での歌のシーンの公式動画を集めました。


最終回、懐メロだらけです。
「glee/グリー」が注目されヒットした要因となった80’sやミュージカルでは不釣り合いなハードロック系など意外性はありませんでした。選曲は全体におとなしい印象です。

今回12話と最終回の13話がまとめて2時間スペシャルで放映されています。12話の方が新旧・ジャンル含めて「glee/グリー」らしいバラエティある選曲になっていて、13話はラストに向かってストーリーに合わせてメッセージ性のある歌を集めたという感じになっています。

ちなみに12話で歌われたのは
ミュージカル「ウィケッド」から「Popular」
同じくミュージカル「シカゴ」から「Mister Cellophane」
教会のゴスペル曲「I’m His Child」
ケイティ・ペリー「I Kissed A Girl」
ジニュワイン「Pony」
そしてジャーニーの「Don’t Stop Believin’」

さて13話の歌シーン動画です。
最初にクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングの「Teach Your Children(邦題:ティーチ・ユア・チルドレン)」が歌われていますが、この公式動画はありませんでした。
なので、代わりとしてクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングにブルース・スプリングスティーンが飛び入りした、豪華メンバーによるライブバージョンの映像です。

Someday We’ll Be Together (邦題:またいつの日にか):ダイアナ・ロス&スプリームス

https://youtu.be/Zkq5HUv6BtQ

The Winner Takes it all(邦題:ザ・ウィナー):ABBA

https://youtu.be/I5j2vM6xGFo

Daydream Believer(邦題:デイドリーム):モンキーズ

https://youtu.be/_wdmR5pFIno

This Time (オリジナル曲)

https://youtu.be/ieUPxz25glg

I Lived:ワンパブリック

https://youtu.be/qaqVwlkTENc