Home Column 豪華共演特集:テイラー・スウィフトはミックジャガーと、ビヨンセはエディ・ヴェダー、エド・シーランと

豪華共演特集:テイラー・スウィフトはミックジャガーと、ビヨンセはエディ・ヴェダー、エド・シーランと

豪華共演特集:テイラー・スウィフトはミックジャガーと、ビヨンセはエディ・ヴェダー、エド・シーランと
0

special-duet_00現地時間9月26日、NYのセントラルパークで、世界の貧困を撲滅するためのイベント「2015 The Global Citizen Festival」が行われました。コールド・プレイとアリアナ・グランデ、ビヨンセとエド・シーラン、パールジャムのエディ・ヴェダーとビヨンセ、といった普段見れない豪華共演が多数ありました。同じ日、ナッシュビルではテイラー・スウィフトがミック・ジャガーと共演していました。豪華共演動画特集です。


「2015 The Global Citizen Festival」ではまず、コールド・プレイのクリス・マーティンとアリアナ・グランデで、アリアナの「Just A Little Bit Of Your Heart」が歌われました。
https://youtu.be/VQ_WMpLyPZM
そしてビヨンセのステージでは、ビヨンセがエド・シーランを呼んで、一緒にビヨンセの「Drunk In Love」を。エド・シーランは「Drunk In Love」を他でも歌っています。
https://youtu.be/pv5UhO_BRhw
今度はパール・ジャムのステージで、エディ・ヴェダーがビヨンセを呼んで、一緒にボブ・マーリーの「Redemption Song」をデュエット。途中ネルソン・マンデラのスピーチの映像が挟み込まれます。
https://youtu.be/DLNrg-45BCc
ちなみに、「2015 The Global Citizen Festival」は上記の映像ほか、全編をYouTubeで見れます。

さて同じ日、ナッシュビルではテイラー・スウィフトが自身のライブの真っ最中でした。そこに登場したのがミック・ジャガー。2人はローリング・ストーンズの「Satisfaction」を熱唱しています。

テイラーとミックの共演は今回が初めてではありません。2013年、ローリング・ストーンズのライブにテイラーがゲストで登場し「As Tears Go By」を歌っています。

この年、ストーンズはケイティ・ペリーともストーンズの名曲「Beast of Burden」で共演。突然登場したケイティに観客が最初誰だか分からず、徐々に盛り上がっていくのが面白いです。

ついでなので、2012年に行われたローリング・ストーンズ50周年記念で「Gimme Shelter」を熱唱するレディ・ガガも。この曲は途中、女性ボーカルによるソロパートがあり、そこが曲のハイライトであり、女性歌手にとっては歌の聞かせどころとなっています。これまでも数々の女性歌手がこの曲で熱唱しています。普段はドキュメント映画『バックコーラスの歌姫たち』でも出ていたリサ・フィッシャーが歌っています。今回はバックコーラスにリサがいます。

ギターソロの時、キース・リチャーズとロン・ウッドがドラムの前で並ぶのがお約束になっているのですが、その時レディ・ガガが変な踊りでクルクル回りながら間に入ってきて、キースがうっとおしそうに避けているのが面白いです(笑)