1. Home
  2. Review
  3. ビューティー・ショップ

ビューティー・ショップ

ビューティー・ショップ
0
beauty_shop
Beauty Shop
(2005年 アメリカ 日本未公開)

Story

優秀な美容師のジーナ(クイーン・ラティファ)。彼女はある日、勤務先の店長ホルヘ(ケビン・ベーコン)と経営方針の違いでけんかして店を辞めてしまう。しかし彼女は持ち前の明るさで小さな自分の店をなんとかオープンさせる。口コミで徐々にお客が増え、ホルヘのなじみ客もジーナの店に来るように。お店の上に住む電気工のジョー(ジャイモン・フンスー)ともいいムードに。しかしホルヘがジーナの店へ執拗な嫌がらせを始める…

Cast

クイーン・ラティファ:ジーナ
アリシア・シルヴァーストーン:リン
アンディ・マクダウェル:テリー
アルフレ・ウッダード:ジョセフィン
ミーナ・スヴァーリ:ジョアンヌ
デラ・リーズ:タウナー
ジャイモン・フンスー:ジョー
ケヴィン・ベーコン:ホルヘ

Staff

製作総指揮: マット・アルヴァレス,アイス・キューブ,トッド・リーバーマン
製作:デヴィッド・ホバーマン,クイーン・ラティファ,ロバート・テイテル ,ジョージ・ティルマン・Jr
原案:エリザベス・ハンター
監督:ビリー・ウッドラフ
脚本:ケイト・ラニアー,ノーマン・ヴァンス・Jr
撮影:テオ・ヴァン・デ・サンデ
音楽:クリストファー・ヤング

Goods

[429] [429] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `429 Too Many Requests` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#TooManyRequestsException","Errors":[{"Code":"TooManyRequests","Message":"The request was de (truncated...)

Notes

ケビン・ベーコンが「オーストラリアなまりのおかまチックなキャラ」で悪役を演じてておかしかったです。役名も「ホルヘ」とか、なんか抜けた感じですし(笑)

主人公の友人で、お店で唯一の白人役に『クルーレス』のアリシア・シルヴァーストーンが出ています。このキャラが健気で前向きでいいです。

この作品、アイス・キューブ主演の『バーバーショップ』シーリーズの『2』の番外編となる作品です。最初の方に、主人公が大事に持ってる集合写真が、そのときのメンバーということになります。けど、『バーバーショップ』シリーズを知らなくても、全然問題なく見れますね。

[429] [429] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `429 Too Many Requests` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#TooManyRequestsException","Errors":[{"Code":"TooManyRequests","Message":"The request was de (truncated...)

(続編の『バーバー・ショップ2』もありますが、ソフト化されていません。)

監督は『ダンス・レボリューション』のビリー・ウッドラフ。
『ダンス…』もそうでしたが、黒人さんの会話のノリを映画に組み込む演出をする人です。でもそのノリが判らないと、ちょっと置いてけぼりをくらうのも確かです。僕自身、途中で「なんかやたらとテンション高くて、さかんにハイタッチしてるなぁ~」と置いてけぼりを食らいかけました。

とにかくクイーン・ラティファが出ていたせいか、ビッグママ風にならず、大人のキューティー映画になったと思います。
ファッションもカラフルな色合いで楽しい作品です。