Home Column GYAO女性限定の招待制無料ライブイベント&シブカル祭。2015 女子向けイベントを紹介

GYAO女性限定の招待制無料ライブイベント&シブカル祭。2015 女子向けイベントを紹介

GYAO女性限定の招待制無料ライブイベント&シブカル祭。2015 女子向けイベントを紹介
1

girls-events-info_009月に「GYAO、女性限定の招待制無料ライブイベント」が、10月女子向けイベント「シブカル祭。2015」がそれぞれ東京の赤坂、渋谷で開催されます。これらのイベント概要をご紹介。共に応募事項もあるので、興味のある方はぜひ。

GYAO、女性限定の招待制無料ライブイベント
『GYAO! MUSIC LIVE Girls Party』を開催
~BENI、Crystal Kay、May J.豪華3アーティストが出演!~

URL: https://gyao.yahoo.co.jp/music-live/girlsparty/

9月24日に女性限定の招待制無料ライブイベント『GYAO! MUSIC LIVE Girls Party』が開催されます。
参加を希望するユーザーは、「GYAO!」アプリもしくは「GYAO! MUSIC」アプリから応募することができ、抽選で400組800名様を無料ご招待いたします。

今回のイベントのテーマカラーには「GYAO!」のイメージカラーであるピンクを採用。来場者のドレスコードとしてピンクを設定するなど、女性限定ならではの空間演出も行います。

『GYAO! MUSIC LIVE Girls Party

『GYAO! MUSIC LIVE Girls Party
日時:2015年9月24日(木)18時開場/19時開演
場所:赤坂BLITZ
出演アーティスト:BENI/Crystal Kay/May J.
ドレスコード:イベント当日は、イベントのテーマカラーである「ピンク」の服もしくはアイテムを着用してご来場ください。
主催:株式会社GYAO

参加応募方法

特設ページURL:https://gyao.yahoo.co.jp/music-live/girlsparty/
「GYAO!」アプリ、または「GYAO! MUSIC」アプリのトップより、特設ページへアクセスし、特設ページ内の「応募する」ボタンから応募することができます。申し込み多数の場合は抽選となります。
※応募にはYahoo! JAPAN IDが必須となります。

2015年10月16日(金)~10月25日(日)
シブカル祭。2015開催決定!

2011年に始まったパルコのカルチャーイベント「シブカル祭。」。毎年10月、渋谷パルコ全館を舞台に約 10日間にわたって開催される本イベントには、過去4年間でアート、ファッション、音楽、パフォーマンス・フードなどあらゆるジャンルから約800名の女子クリエーターが参加しました。

シブカル祭。2015

会期:2015年10月16日(金)~25日(日)
   ※レセプションパーティー:10月16日(金) 18:00~21:00
会場:パルコミュージアム、クラブクアトロ、渋谷パルコ館内外各所
主催:「シブカル祭。2015」実行委員会
https://www.shibukaru.com/
Facebook:shibukarumatsuri Twitter:@shibu_karu

美術手帖 presents シブカル杯。2015

今年も「美術手帖」と連動したアートコンペ「シブカル杯。」を開催!
一次審査(書類選考)通過者には、「シブカル祭。」で作品を展示。二次審査でグランプリ1作品を発表。
応募期間:7/17(金)~8/22(土)
審査員:小林エリカ(漫画家・作家)、藪前知子(東京都現代美術館学芸員)、岩渕貞哉(「美術手帖」編集長)
応募方法:「シブカル祭。2015」公式サイトhttps://www.shibukaru.com/をご覧下さい。

女子向けイベントに映画は不要なのか?

最後にちょっとだけ。両方のイベント共、「映画」がありません。いや、別にこの2つのイベントに映画を加えるというのでなくてもよくて、華やかで楽しそうで元気のある女子向け映画イベントがないのが残念でなりません…
映画ファンや映画業界とは違う文法で、もっと違う発想で女子向け映画祭があってもいいと思うんです。
キューティー映画イベントも都内で開催出来たらと思うのですが、どうしても現状の映画業界や映画ファンの慣例に縛られがちです(現在もちょっと仕込み中ですがなかなか理想には届きません)。
キューティー映画は普段そんなに熱心に映画を見ない人でも気軽に楽しめるジャンルです。映画マニアのものではありません。そこがキューティー映画のいいところです。そしてキューティー映画に一番詳しかったり選択眼を持っているのは、そういう人たちです。評論家ではありません。
みんなの方が断然情報を持っているし楽しみ方、作品の善し悪しも知っているのです。

東京では近年、デパートの屋上などを利用した野外上映会も行われるようになったり、小規模ながらイベント上映が行わたりと、映画の楽しみ方に広がりが出ています。
今回、ご紹介した2つのイベントに集まる人達が気楽に楽しめるような、もっと映画という枠を取っ払ったフランクな上映会が行われて、そこでキューティー映画がかかってみんなが楽しめれば…と切に願っております。

実はこれが書きたかったという(笑)