Home 2015年7月LA滞在記 【2015LA滞在記2】『ピッチ・パーフェクト2』を180円で観るの巻

【2015LA滞在記2】『ピッチ・パーフェクト2』を180円で観るの巻

【2015LA滞在記2】『ピッチ・パーフェクト2』を180円で観るの巻
0

pitch-perfect-2_00LAに到着し、早速レンタカーを借りました。レンタカーを借りたのは『ピッチ・パーフェクト2』を観に行くためです。全米5月に公開された本作は、7月初旬の段階でLAの主要な映画館ではすでにかかっておらず、LA郊外の映画館でしか上映されていませんでした。そこに行くための車が必要だったのです。


今回向かったのはLAの観光地ハリウッド通りから北に上がったところにある「Regency Valley Plaza 6」という映画館です。

ハイウェイに乗り30分ほど走って到着した場所は、周辺のお店が軒並み閉店または休業開店状態。平日夕方5時という時間のせいもあり、人も少なくちょっと寂しい感じでした。
pitch-perfect-2_01
映画館は見た目は昔ながらですが、シネコン形式で8作品上映しています。10数人程が列を作っていました。

さっそくチケット購入です。
窓口で「アー、ペッチ・ポーフェクト・トウゥー」と、意味もなく頭に「アー」を付けてみたり、カタカナを無理矢理巻き舌にして言ってみたりして、必死に英語が話せるふりをしながらクレジットカードを渡します。
チケットを受け取りました。
$1.50と書かれています。
pitch-perfect-2_02

15.00ドルで小数点の打ち間違い?いや、それなら1.500と表示されるはず。
1.5ドル!約180円!180円で『ピッチ・パーフェクト2』?

思わず「ここにいる人たちみんなに、私から『ピッチ・パーフェクト2』をプレゼントしようじゃないか!(声:江守徹)」と日本語で叫びそうになりました。

しかし1.5ドルの入場料だと、もしかしてスクリーンはホームシアターに毛の生えた50インチくらいで、汚いソファーがあるだけの部屋じゃないか?と疑ったりもしたのですが、ちゃんと400人ほどが収容できる中規模スクリーンでした。

後で調べてみると、火曜日と日曜日は全席1.5ドルのサービスデー。観に行った7月7日が運良く火曜日サービス・デーだったわけです。

オリジナリティに言及する『ピッチ・パーフェクト2』

さて、前置きが長くなりましたが『ピッチ・パーフェクト2』です。

前作から数年後。ベッカを中心に全米優勝したベラーズは宿舎を構え、みんなから一目置かれる存在です。
オバマ大統領夫妻が出席している集いでパフォーマンスを披露します。マイリー・サイラスのヒット曲「Wreckng Ball」のPVを真似て1、上からレベル・ウィルソン演じるファット・エイミーが吊るされて降りてきますが、途中でアクシデント発生!逆さ宙釣り状態となり、股間部分が破けて全国生放送でアソコを晒すという大失態を演じてしまいます。
(この後、謝罪のため、さらに脱ごうとするファット・エイミーが笑わせてくれます。)

ベラーズは優勝資格が剥奪され世間から非難を浴びますが、ヨーロッパで行われる全世界大会で優勝すれば、失態が帳消しになるとのことで、これまでアメリカチームが優勝したことのない世界大会の優勝を目指す、というのが主な筋です。

これに、ベラーズの新入部員、ヘイリー・スタンフェルド演じるエミリーのエピソードが絡んできます。エミリーは母親も元ベラーズで、彼女にとってベラーズは昔からの憧れ。
そんなベラーズで自分の作ったオリジナルソングを歌うのが夢ですが、カヴァーソング中心のアカペラ部ではオリジナルソングは必要とされません。

アナ・ケンドリック演じるヒロインのベッカは憧れのレコード業界に就職するため、レコーディング・スタジオでインターンとして働いています。
ある日、スヌープ・ドックのクリスマスソング収録中に即興でミックスをして注目されますが、しょせんはカヴァーばかりを歌っているアカペラ部所属ということで認められません。ベッカはアカペラを続けることに疑問を感じます。

今回のテーマは「オリジナリティ」です。それを具体化しているのがメイン曲である「Flashlight」です。
シーア、サム・スミス、前作監督のジェイソン・ムーアらによって作られたオリジナルソングは、劇中ではエミリーが作った歌という設定で、事あるごとにエミリーに歌われては周囲から否定され続けます。

そして「オリジナリティ」はベラーズのメンバーの心情にも関わります。大学を卒業した後の将来、一人一人がオリジナリティを持って社会に出ていこうとすることに関して、みんな何かしらの不安を抱えています。

そんな彼女らの心情を歌にし、みんなで焚き火を囲みながら歌うのが、前作でパフォーマンスが話題となった「カップス」です。

【ピッチ・パーフェクト公開記念】話題の「カップス」はカヴァーのカヴァー

「カップス」は元々カヴァー曲なのですが2、今回はカップを使ったパフォーマンスではなく、「別れたら寂しくなる、また会いたくなる」という内容の歌詞が重要な意味を持ちます。ここでもまた、歌の「オリジナリティ」が活かされた形です。

本編のあちこちに散りばめられた「オリジナリティ」というテーマはラストのパフォーマンスで結実します。

  1. PVで裸になって吊るされた玉に乗りながら歌うパフォーマンスが話題となり、あらゆるところでパロディーにされました。最近ではアン・ハサウェイが口パク番組でパロディを演じていました。 []
  2. オリジナルは1928年に発表された、アメリカ南部出身のカントリーバンド、カーター・ファミリーが歌った「Will You Miss Me When I’m Gone?」。詳細は「カップス」解説のリンク先を参照。 []