Home Column 第5回オーストラリア・アカデミー賞 AACTA

第5回オーストラリア・アカデミー賞 AACTA

第5回オーストラリア・アカデミー賞 AACTA
0

2015年度、第5回オーストラリア・アカデミー賞(AACTA Award)が現地時間12月9日に発表されました。


オーストラリアのアカデミー賞は1958年から行われていました。2010年からテレビ部門も含まれる総合的な賞「AACTA」に変わりました。今回表記したのは、その中で映画部門の受賞結果のみです。

ノミネートでは『マッドマックス 怒りのデス・ロード』とケイト・ウィンスレット主演『The Dressmaker』のほぼ一騎打ちとなりました。ノミネート数は『The Dressmaker』が12部門、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は10部門となっていました。

『The Dressmaker』は殺人の汚名を着せられヨーロッパに逃げていたヒロインが、衣装デザイナーとなって母の看病のため田舎に戻ってきて、女性の服を仕立てることになる…というお話です。

田舎町に出戻った衣装デザイナーをケイト・ウィンスレットが演じる『The Dressmaker』予告編

第5回オーストラリア・アカデミー賞 映画部門

作品賞

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
[embed_youtube id=’C45fcET8yoY’ width=’420′ height=’345′]
『The Dressmaker』
[embed_youtube id=’poftZ2-U12Q’ width=’420′ height=’345′]
『Holding the Man』
実際のゲイカップルを題材にした小説が原作で、舞台化からの映画化です。
[embed_youtube id=’JOURNEMfHls’ width=’420′ height=’345′]
『Last Cab to Darwin』
余命数ヶ月と言われた老タクシードライバーが3000kmの旅に出て、色々な人達と出会い…というお話。
[embed_youtube id=’hypCdpjTMDI’ width=’420′ height=’345′]
『Paper Planes – Robert Connolly』
日本で開催される紙飛行機の世界大会を目指す少年の物語です。日本の少女との淡い恋も描かれます。これはぜひ日本で見たいですね。
[embed_youtube id=’F1D6IUvt7tk’ width=’420′ height=’345′]

監督賞

ジョージ・ミラー『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

脚本賞

スティーヴ・ワーランド『Paper Planes – Robert Connolly』

脚色賞

レグ・クリッブ&ジェレミー・シムズ『Last Cab to Darwin』

主演男優賞

マイケル・カートン『Last Cab to Darwin』

主演女優賞

ケイト・ウィンスレット『The Dressmaker』

助演男優賞

ヒューゴ・ウィーヴィング『The Dressmaker』

助演女優賞

ジュディ・デイヴィス『The Dressmaker』

撮影賞

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

編集賞

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

作曲賞

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

音響賞

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

美術賞

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

衣装デザイン賞

『The Dressmaker』

視覚効果賞

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

People’s Choice Award for Best Australian Film

『The Dressmaker』

功労賞

ケイト・ブランシェット