Home Column プライムビデオに隠れて存在している、優良キューティー(TV)映画たち

プライムビデオに隠れて存在している、優良キューティー(TV)映画たち

プライムビデオに隠れて存在している、優良キューティー(TV)映画たち
0

ウェディング・アゲイン


ウェディングプランナーをしているアビー。彼女の店では、花嫁の夢である結婚式が完璧にできなかった時にもう一度、完璧な式を挙げるコーディネイトをしている。そんな彼女に従妹のエミリーから依頼が。海外派遣から帰還した夫と新たな生活を始めるため、本格的な式を挙げたがっていた。
ウェディング・アゲイン(字幕版)を観る | Prime Video
原題「The Wedding Do Over」
従妹の結婚式のメイド・オブ・オナーをすることになった、ウェディングプランナーのヒロイン、同じく新郎側で選ばれたのは元カレ…しかも結婚式直前にヒロインは逃げ出した過去があります。そんな2人が反目し合いながら結婚式の準備をし、その過程で再びお互いを意識しだして…という展開です。
この作品、劇中にキューティー映画ではよくある「2Fのヒロインの部屋に向けて、男性が下から小石を窓に当てて、外に出てくるよう合図する」というシチュエーションの男女逆版をやります。ここがとても面白い。他にもクスッと笑えるシーンが多くてコメディとしてもよく出来ています。
ヒロインのアビーを演じたニコル・ゲイル・アンダーソンはフィリピン系アメリカ人。都会で成功しているけど過去の恋愛を引きずりつつ、でもちょっとオッチョコチョイ…というヒロインを見事に演じていました。

ムービング・ロマンス


デザイナーとして華々しく活躍していたはずが突如解雇されてしまった女性。故郷に帰った彼女を待っていたのは、父が経営する会社の買収話だった。次々とライバル会社に顧客が奪われていく中、果たして起死回生できるのか?挫折しながらも前に進む姿を描く感動のサクセス・ストーリー!
ムービング・ロマンス(字幕版)を観る | Prime Video
原題「A Moving Romance」
インテリア・デザイナーとして都会で生活してきたヒロインが失敗し、田舎に戻りそこで再起するという展開です。田舎の父親がやっているのが社員数人でやっている家庭的な小さな引越し業者。そこに大手の引越し業者が進出してきて…という展開。引っ越しという、基本的に物が移動し画面から消えてしまう行為と、ヒロインが得意なインテリア・デザインをどうやって劇中で繋げたかは見てのお楽しみですが、実にいいアイディアでした。
総じてキューティー映画をよく研究していて、色々な名作からアイディアを持ってきていますが、決してパクリではなく、見ている方は「あぁ、よくあるよね、こういうの」という感じになり、キューティー映画の定番を確認することが出来ます。
後半「引越し業者」という本作の特徴的な設定が横に追いやられてしまうのがちょっと残念でしたが、最終的に全てハッピーエンドということで、こういうラストもありかな、と。

マッチング・ラブ デイジーがつなげた恋


ケルシーは離婚専門の弁護士だが、私生活では恋人募集中。マッチングサイトで出会いを求めるが、なかなか相手に恵まれない。そんなある日、顧客の愛犬デイジーを預かることに。すると深夜に突然デイジーの具合が悪くなり、慌てて街の動物病院へ。診察してくれたのは獣医のカリーだった。
マッチング・ラブ デイジーがつなげた恋(字幕版)を観る | Prime Video
原題「Hometown Hero」
ヒロインが飼っている犬の病気がきっかけで獣医と知り合うという展開で、ちょっとニコラス・スパークス原作『きみがくれた物語』を思い出しました。お話の展開は全く異なりますが。


ただ低予算のため犬にあまり演技を求められなかったのか、犬をメインでお話は進みません。それもあってこの作品は人物中心にお話が進みますが、登場人物の設定が脇役に至るまで実によく出来ています。
ヒロインはもうすぐ弁護士事務所での昇進(共同経営者)に届きそうという設定。仕事では離婚専門ですが、自身は完璧な相手を求めすぎて相手が見つかりません。彼女のお母さんは自由に色んな男性とデートを満喫中。そんな彼女が離婚調停中の夫婦の犬を預かることになることからお話が始まります。一方相手役となる獣医は助成金に頼って何とか動物病院を運営していますが、来る人達みんなから頼られています。原題の「Hometown Hero」は獣医のことを指しています。ペットが退役軍人のセラピーに役立つなど非常に現代的な描写もあり、心温まるエピソード満載でとても良質なキューティー映画に仕上がっています。