Home Review 理屈抜きで心に響く歌声の感動作『エール!』

理屈抜きで心に響く歌声の感動作『エール!』

理屈抜きで心に響く歌声の感動作『エール!』
0

[cptr]

音が重要なオープニング

まずはヒロイン、ポーラの登校までの日常風景を描く、映画のオープニングシーンが秀悦です。

怒りっぽい父、元モデルの美しい母、マセた弟…それぞれがテーブルを囲い朝食を取るいつもの朝です。
扉の開け閉めする音、フライパンから料理をお皿に移す音、食器を置く音、それら生活音の全てがガサツで、ガチャガチャと大きな音を立てています。しかしみんな平然としています。ガサツな音さえなければ、一般的な家族の朝の風景です。

ポーラが家を出るとき、みんな手話をしています。ここでこの一家が、ポーラだけが家族の中で唯一の健常者で、他のみんなは耳が聞こえず話せないことがわかります。

この一家には音が不要なのです。映画ではわざと生活音の音量を大きく演出してこの一家を表現していたわけです。

彼女は家を出てお気に入りのオレンジのヘッドホンをつけ、自転車を漕ぎバスに乗り、長い道のりを経て学校に通っています。
彼女の聴いている今風のポップスはそのまま映画のBGMとなり、キューティー映画らしい爽やかなオープニングを演出をします。

ヒロインを取り囲む家族、キャラクターたち

家族は農場を経営していて、町の市場でチーズなどを販売しています。
お母さんは愛想係、弟はレジ係、ここでもポーラは話せるということで唯一の接客係です。でも別にポーラはとりたてていい子というわけではありません。彼女にとって、市場で接客係をし、酪農を手伝い、登校しながら農協に連絡して、産婦人科で親の性生活の相談のため通訳するのは、ごくごく普通のことなのです。

さて、お話の方は、お父さんは工場誘致を推進している現市長に対抗して聾唖者ながら町長選挙に立候補します。お母さんはそんなお父さんに今でもアツアツ。感情豊かで直情型な彼女の行動は数々の笑いを誘います。思春期真っ盛りのエロガキな弟もコメディ・リリーフとしていいキャラクターです。

ポーラは憧れの男子生徒ガブリエルを追っかけて合唱部に入ります。ガブリエルはパリの音楽学校を目指していました。
トマソン先生はパリで活躍してた過去が忘れられず早く戻りたいと思いながら、合唱部の顧問をしています。
トマソン先生はポーラの歌声を聞いて、彼女の隠れた才能を引き出そうとします。そこからポーラは歌を選ぶか家族を選ぶかの選択を迫られることになります。

そういうポーラの日常を淡々と描きつつ物語は進んでいきます。周りのキャラクターたちに変にドラマチックな性格を与えず、日常性を重視したこの映画のスタイルは、とても良い作用をもたらしています。

ヒロイン、ポーラを演じるのは1996年生まれ、この映画の出演時17歳のルアンヌ・エメラ。彼女はオーディション番組フランス版「ボイス」に出場し話題になりました。
彼女が「ボイス」でカーリー・レイ・ジェプセンの「コール・ミー・メイビー」を歌った時の映像です。

本作が初出演ですがこの映画でセザール賞、リュミエール賞をダブル受賞しています。
彼女のちょっと猫背で冷めた感じが、ぶっきらぼうながら家族思いという現代っ子的でかつキューティー映画のヒロイン像になっていて、とても良かったです。

お父さん役のフランソワ・ダミアン、お母さん役のカリン・ヴィアール、共に健常者ながら、見事に手話を操って感情豊かで楽しく優しい素晴らしいキャラクターを作り上げていました。お見事としかいいようがありません。

この映画の登場人物で、実際に聴覚障がいを持っているのは弟役のルカ・ゲルバーグと、お父さんの友人役ブルーノ・ゴミアの2人だけです。