Wadjda

Wadjda
5

Wadjda_posterサウジアラビアの首都リアドに暮らす12歳の少女は、お店で売ってるピカピカの自転車に一目惚れ。サウジアラビアでは女性が自転車に乗ることはよくないことだが、どうしても自転車がほしい少女は、賞金欲しさに苦手なコーランを暗記してコーラン暗唱コンクールに挑む…というお話。出演はワード・ムハンマド、リーム・アブドゥッラー、 アブダラーマン・アル・ゴハニほか。監督はハイファ・アル・マンスール。全米公開は2013/9/13~。日本公開は2013/12/14〜邦題『少女は自転車にのって』



サウジアラビア初の女性監督作品です。
予告編を見ただけで、この作品の素晴らしさが感じられると思います。音楽がいいですね。
サントラも発売されています。

Wadjda ミュージック

価格¥5,746

順位680,411位

アーティストRichter, Max

発行Milan

発売日13.09.09

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API


ちょっとした当たり前のことがしたい女の子のお話で、彼女をとりまく人々のお話で、小さな恋があり、母娘の物語でもあるようです。

本作は去年ヴェネツィア映画祭を皮切りに様々な映画祭などで上映され、話題になっていました。
来年のアカデミー外国賞へのエントリーが決まりました。受賞の可能性は十分あると思います。

サウジアラビアには映画館がありません。非常に戒律に厳しい国で集会はもとより、男女が共に公共の場にいることも禁止です。
人々はDVDなどで映画を見ているそうです。

女性に対して色々制限のある国で、男女が共にいてはいけないという条件(ということは男性スタッフと女優や監督が一緒にいてはいけないということ)のもと撮影したそうですから、低予算映画などとは全く別の苦労があった現場だったと思います。

もっと撮影条件の楽な他国で、そこをサウジアラビアに見たてて撮影をしても良かったはず。それをあえてせず、撮影が困難な自国で、女性の映画を、しかもキューティー映画テイストで撮ったというところに、監督であるハイファ・アル・マンスールさんの想いが込められているのではないかと。

日本公開も決まっていて楽しみです。