1. Home
  2. 海外版予告編
  3. エル・ファニングがポップスターを目指すヒロインを演じる『Teen Spirit』予告編

エル・ファニングがポップスターを目指すヒロインを演じる『Teen Spirit』予告編

エル・ファニングがポップスターを目指すヒロインを演じる『Teen Spirit』予告編
0

エル・ファニング主演、ポップ・スターを目指す女の子を描く『Teen Spirit』の予告編が公開されました。エルが歌うヒット曲のカヴァに注目です。


イギリスの小さな島、ワイト島で母親(アグニェシュカ・グロホフスカ)と一緒に暮らす17歳のヴァイオレット(エル・ファニング)が、閉塞的な島から出たい一心で、国際的な歌のコンテストの優勝を目指すというお話です。

共演はズラッコ・ブリッチ、レベッカ・ホールほか。
監督・脚本は俳優のマックス・ミンゲラ。

エル・ファニング主演、人気歌手を夢見てコンテストに挑戦する女の子を描く、俳優のマックス・ミンゲラ初監督作品となる『Teen Spirit』をご紹介。この映画でエルの歌声が披露されそうです。『Teen Spirit』はヨーロッパ東部の小さな田舎町で、閉塞的な故郷から逃れたくて人気歌手になることを夢見るヴァイオレット(エル・ファニング)が、歌唱指導者に特訓を受けながら、国際的な歌のコンテストを目指すというお話です。監督・脚本は俳優のマックス・ミンゲラ。彼はケイト・マーラの元カレです。共同脚本&プロデューサーとして、同...

予告編ではエレ・ファニングが歌う、ロビンの「Dancing On My Own」がフィーチャーされています。
こちらがオリジナルMVです。

その他、エリー・ゴールディング、ティーガン&サラ、カーリー・レイ・ジェプセン、オービタル、アニー・レノックスなどのヒット曲を劇中でエレ・ファニングがカヴァします。予告編ラストにそれらアーティストの名前が並びます。

全米公開は2019年4月5日です。