1. Home
  2. 海外版予告編
  3. グレース・ヴァンダーウォール&グラハム・ヴェルシェールYA小説原作『スターガール』予告編

グレース・ヴァンダーウォール&グラハム・ヴェルシェールYA小説原作『スターガール』予告編

グレース・ヴァンダーウォール&グラハム・ヴェルシェールYA小説原作『スターガール』予告編
0

人気歌手グレース・ヴァンダーウォールとグラハム・ヴェルシェール共演、人気YA小説の期待の映画化、ディズニー+映画『スターガール』の予告編をご紹介。


風変わりな転校生の女の子”スターガール”(グレース・ヴァンダーウォール)に恋をしてしまったレオ(グラハム・ヴェルシェール)。”スターガール”がチアガールに抜擢されるとチームは勝ち続けたため、彼女は人気者になります。しかし彼女が相手チームを応援したことで負けたことから、彼女は一転避難の的となり……というお話です。

共演はダービー・スタンチフィールド、カラン・ブラル、マキシミリアーノ・ヘルナンデス、ジャンカルロ・エスポジートほか。

2000年に出版されたジェリー・スピネッリによるYA小説が原作です。

スターガール

価格¥2,980

順位120,884位

ジェリー・スピネッリ

原著Jerry Spinelli

翻訳千葉 茂樹

発行理論社

発売日01.04.01

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API

監督はジュリア・ハート。脚本はクリスティン・ハーン。

ディズニーの新配信サービスで公開される、人気歌手グレース・ヴァンダーウォール出演の人気YA小説の映画化『スターガール』。その主役にグラハム・ヴェルシェール(Graham Verchere)が選ばれました。『スターガール』は、転校してきた風変わりな女の子”スターガール”に恋をしてしまったレオの視点でお話が描かれます。奇抜なファッションで雨の中踊ったり、ウクレレを鳴らしたりする”スターガール”は学校の注目の的。フットボールの試合で目立ったことからチアガールに抜擢されるとチームは勝ち続けて彼女は人気者になります。しかし...

グレース・ヴァンダーウォールの歌声もちょっと聴ける予告編、本編の「陽」の部分を中心にまとめている感じですが、ブライス・フォートナー(『イングリッド ネットストーカーの女』)のリアリティある色使いとナチュラルでちょっとドキュメントっぽいカメラワークは素晴らしいです。画面全体にリアリティがあって、しかもどこか切ないですね。これは期待に沿わない出来ではないかと。

ディズニー+での配信は2020年3月13日から。日本ではドコモとディズニー・ジャパンが運営するディズニー・デラックスのせいでディズニー+のサービスが行われていないため見れません!