1. Home
  2. 海外版予告編
  3. Standing Up

Standing Up

Standing Up
0

Standing_Up_posterサマーキャンプでいじめられていた孤独な男の子と女の子が、同じ境遇ということから一緒に逃げ出し、色々な経験をしながら、次第に友情が芽生え…というお話。出演はアナリス・バッソ、チャンドラー・カンタベリー、ウィリアム・J・ハリソン、ディードラ・ショアーズ、ラダ・ミッチェル、ヴァル・キルマー監督・脚本は『アイ・アム・ナンバー4』のD・J・カルーソー。全米公開は2013/8/16〜



トウィーンズ向けのキューティー映画です。いじめ、家族、思春期に入る前の子供たちの自我などを扱った小さな冒険と成長の物語をロードムービー風に作っているようです。

原作はブロック・コールが87年に刊行したYA小説「The Goats」です。
日本では福武書店から「森に消える道 (Best choice)」というタイトルで出版されました。後に徳間書店から「ヤギ ゲーム」というタイトルに改題され出版されています。今は共に絶版のようですが、図書館に行くとあるかもしれません。YAという言葉がなかった当時、児童文学の名作とも言われ学校図書にも採用されていた本です。

[429] [429] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `429 Too Many Requests` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#TooManyRequestsException","Errors":[{"Code":"TooManyRequests","Message":"The request was de (truncated...)

[429] [429] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `429 Too Many Requests` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#TooManyRequestsException","Errors":[{"Code":"TooManyRequests","Message":"The request was de (truncated...)


原作の内容紹介を引用します。
「サマーキャンプに参加していた十四歳の内気な少年ハウイは、ほかの少年たちに服をはぎ取られ、湖に浮かぶ島に置き去りにされてしまう。必死で逃げ込んだ小屋には、少女が身を隠していた。みんなから陰で、「超ブスイヌ」と呼ばれていたローラだ。ふたりは、「ヤギ」ゲームの標的にされたのだ。いっそ森の中へ消えてしまいたいと願うハウイと、母親のもとへ帰りたいと願うローラ。ふたりは、こっそり島を抜け出すと、二度とキャンプには戻らなかった。周囲にとけこめず、ずっと友だちを作れなかったハウイとローラ。しかし、途中で起こるさまざな出来事に立ち向かい、信頼しあうことを覚えたふたりは、少しずつ変わり始めて…?」

映画ではいじめられる2人にメガネをかけさせています。予告編を見る限りですが、ビジュアル的にもテーマ的にも2人のキャラクター付けの小道具としてメガネが有効に機能しているようです。
主演の2人はすでに数々のメジャー映画に出演しているので、繊細な演技を求められる本作でその実力を発揮していることでしょう。