Home 海外版予告編 コリン・ファース出演、古典児童文学「秘密の花園」の映画化『The Secret Garden』予告編

コリン・ファース出演、古典児童文学「秘密の花園」の映画化『The Secret Garden』予告編

コリン・ファース出演、古典児童文学「秘密の花園」の映画化『The Secret Garden』予告編
0

コリン・ファース、ジュリー・ウォルターズ出演、児童文学の古典「秘密の花園」を映画化した『The Secret Garden』の予告編をご紹介。


わがままで無愛想な10歳のメアリーは両親の死によって、インドからイギリスにいる、妻をなくした伯父クレイヴンに引き取られます。しかしはそこは悲しみに満ち時が止まっているところでした。やがてメアリーは、館のすみにある朽ち果てた庭園を見つけ、存在が隠されていた病弱ないとこのコリンと知り合い、一緒に庭の手入れを始める…という、フランシス・ホジソン・バーネットによる児童文学の古典です。

メアリーをディキシー・エジャリック(Dixie Egerickx)、伯父のクレイヴンをコリン・ファース、家政婦メドロックをジュリー・ウォルターズ、病弱な従兄
のコリンをイードン・ヘイハースト(Edan Hayhurst)、ディコンをアミール・ウィルソン(Amir Wilson)がそれぞれ演じます。
監督は『ミランダ』マーク・ミュンデン。脚本は『ワンダー 君は太陽』ジャック・ソーン。

製作会社のヘイデイ・フィルムズとスタジオカナルの組み合わせから、この作品は両社が組んだ『パディントン』の延長上と思われます。そこに『バッド・ママ』『モリーズ・ゲーム』『ハスラーズ』『チア・アップ!(4月公開予定)』などキューティー映画の製作・配給で成功しているSTXエンタテインメントが加わっています。

予告編を見る限り、CGを多用した画作りは現代的で庭などの自然も色合いがファンタジー寄りです。原作では愛想が悪く不器量なヒロインも映画では最初から美少女で、ファミリー向けとして安心して見れる作品に仕上がっているようです。

全英公開は2020年4月17日です。