Ruby Sparks

Ruby Sparks
0

仕事に行き詰っていた若手の小説家が、自分を奮い立たせるために架空のヒロインを作り上げたが、その架空のヒロインに恋をしてしまい日常と空想が…というお話。出演は『ナイト&デイ』ポール・ダノ、『恋するベーカリー』ゾーイ・カザン、アントニオ・バンデラス、アネット・ベニング、スティーヴ・クーガン、エリオット・グールドほか。監督は『リトル・ミス・サンシャイン』のジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス。全米公開は2012/7/25~



主演のポール・ダノと架空のヒロイン「ルビー・スパークス」役のゾーイ・カザンは実生活で恋人同士です。
監督のジョナサン・デイトンとヴァレリー・ファリスは夫婦。
今風に言うなら「リア充どもによる映画」ということになりますね(笑)

本作はゾーイ・カザンがはじめて脚本を手がけています。
つまり、ゾーイ・カザンが理想の男(彼氏であるポール・ダノ)を想い描きながら脚本を書いていた時のことを、立場を逆転させて彼氏に自分を演じさせ、自分を理想のヒロインとして想像させて、自分はその理想のヒロインを演じるという…どこまで自分好きなんだ!!!!(笑)

これ、他人が出したアイディアによる配役なら面白いアイディアだと思いますが、もし当のゾーイ・カザンのアイディアだとしたら「一人セカイ系」とでも言うべき映画でしょうか。さすがにそれはないですかね…

下手したら自己満足で総スカンな内容になりかねない設定を、映画として客観的に描けているか、デビュー作『リトル・ミス・サンシャイン』で評価を得た監督夫婦の真の実力が試されると思います。