Home 海外版予告編 ジェニファー・ハドソンがアレサ・フランクリンを演じる伝記映画『Respect』特報

ジェニファー・ハドソンがアレサ・フランクリンを演じる伝記映画『Respect』特報

ジェニファー・ハドソンがアレサ・フランクリンを演じる伝記映画『Respect』特報
0

ジェニファー・ハドソンがアレサ・フランクリンを演じる伝記映画『Respect』の特報が公開されました。アレサのヒット曲で映画のタイトルにもなっている「リスペクト」をジェニファー・ハドソンが熱唱します。


2018年に亡くなった、アレサ・フランクリンの幼少期からスターになるまでを描きます。私生活が波乱万丈でしたから、ドラマチックな物語になると思われます。

アレサの父親をフォレスト・ウィテカー、アレサの母親をオードラ・マクドナルド、アレサの最初の夫テッド・ホワイトをマーロン・ウェイアンズ、「ブルースの女王」と呼ばれたダイナ・ワシントンをメアリー・J・ブライジが演じます。その他、マーク・マロン、タイタス・バージェス、テイト・ドノヴァンらが出演。

監督は南アフリカ生まれの舞台演出家リースル・トミー、彼女は長編映画初監督です。脚本はトレーシー・スコット・ウィルソン。彼女もまた、長編映画の脚本は初です。

ジェニファー・ハドソンが、2018年8月に亡くなったアレサ・フランクリンを演じる伝記映画『Respect』の監督に、南アフリカ出身の女流舞台演出家が選ばれました。『Respect』は父親の教会でゴスペルを歌っていた子...

タイトルにもなっている「リスペクト」は1967年に発表された曲で、オリジナルはオーティス・レディングですが彼女の代表曲として有名です。

全米公開は2020年10月9日です。

こちらがアレサ・フランクリンが歌った、1968年の映像です。

この曲は『ブルース・ブラザース2000』にアレサが出演した際に歌われています。

tags: