Home 海外版予告編 ヴィクトリア女王と彼女の教師となったインド人青年の交流を描く『Victoria & Abdul』予告編

ヴィクトリア女王と彼女の教師となったインド人青年の交流を描く『Victoria & Abdul』予告編

ヴィクトリア女王と彼女の教師となったインド人青年の交流を描く『Victoria & Abdul』予告編
0

ヴィクトリア女王と彼女の教師となった使用人のインド人青年との交流と友情を描く、ジュディ・デンチ主演『Victoria & Abdul』の予告編が公開されました。


1876年、イギリスはインドの統治を完了させたことにより、当時イギリスのヴィクトリア女王(ジュディ・デンチ)はインドの女帝の地位につきます。1887年、イギリス・ワイト島にあるイギリス王室の離宮”オズボーン・ハウス”にインド人の使用人2人が雇われます。そのうちの1人、24歳のアブドゥル・カリム(アリ・ファザール)は、インドに非常に強い興味を示すヴィクトリア女王の願いで、ヒンドゥー語教師を務めることになります。『Victoria & Abdul』はそんな2人の、長く続く友情を描くお話です。

マイケル・ガンボン、エディ・イザード、アディール・アクタルらが出演。

監督は『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』スティーヴン・フリアーズ。ジュディ・デンチとは『あなたを抱きしめる日まで』以来となります。脚本は『戦火の馬』『リトル・ダンサー』トーストリー・ホール。

ジュディ・デンチはヴィクトリア女王を『Queen Victria 至上の恋』でも演じていました。美しく統制の効いた画面に、ちょっとユーモアのある芝居。さらに身分を超えた友情。公開時期から賞レースにも期待がかかる作品です。

全英公開は9月15日です。
全米では9月22日に限定公開が開始された後、9月29日から一般拡大公開されます。