Home 海外版予告編 傑作の匂いがクンクン『わんわん物語』予告編第2弾

傑作の匂いがクンクン『わんわん物語』予告編第2弾

傑作の匂いがクンクン『わんわん物語』予告編第2弾
0

ディズニーの新配信サービス(日本でのサービス開始は未定)ディズニー+で配信される『わんわん物語』実写版の予告編第2弾が公開されました。


コッカー・スパニエルのレディと野良犬のトランプのロマンスを中心に、犬と人間たちを描きます。
1955年公開のディズニー・クラシック・アニメーション映画の実写化は、コッカー・スパニエルのレディの声をテッサ・トンプソン、野良犬のトランプの声をジャスティン・セロー、スコティッシュ・テリアのジャッキー(オリジナルでは老犬ジャック)の声をアシュレー・ジェンセン、ブルドックのブルの声をベネディクト・ウォンが担当。

監督は『レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー』チャーリー・ビーン。脚本は『成果』アンドリュー・ブジャルスキー。
前回公開された予告編には犬たちの台詞はありませんでした。

ディズニーのクラシック・アニメーション『わんわん物語』のディズニー+実写版映画の予告編が公開されました。コッカー・スパニエルのレディと野良犬のトランプのロマンスを中心に、犬と人間たちを描くディズニ...

実際の犬を使って撮影されていますが、今回の予告編を見ると口の動きや表情は台詞に合わせてCGIで作っているようですね。レディの耳の動きがさり気なく芝居していてすばらしいです。

しかしこの作品、予告編を見ると傑作の匂いがプンスカします。犬たちがフルCGでないところ、ロケーション撮影を多くしているところが作品の質を上げています。
有名なイタリアン・レストランのシーンがちょっとだけ出てきますが、これ絶対感動して泣きますよ。

しかし日本ではディズニー+のサービスがスタートするまで見ることが出来ません…早く見たいです。
全米その他では11月12日から配信開始です。