1. Home
  2. 海外版予告編
  3. ペネロペ・クルス主演『美しき虜』続編、50年代のスペイン女優を描く『La reina de España(英題:The Queen of Spain)』

ペネロペ・クルス主演『美しき虜』続編、50年代のスペイン女優を描く『La reina de España(英題:The Queen of Spain)』

ペネロペ・クルス主演『美しき虜』続編、50年代のスペイン女優を描く『La reina de España(英題:The Queen of Spain)』
0

ペネロペ・クルスがスペイン女優を演じ、ドイツでの映画撮影をコミカルに描いた、スペインのアカデミー賞”ゴヤ賞”受賞作『美しき虜』の続編となる、今度はスペインでの映画撮影を描く『La reina de España(英題:The Queen of Spain)』の予告編をご紹介。


1950年代、ハリウッドで活躍していたスペイン女優のマカレナ・グラナダ(ペネロペ・クルス)は、母国に戻ってスペイン建国の祖イサベル1世を描く大作『Queen Isabella of Spain』でイザベル1世を演じることになります。その撮影の裏側をコメディタッチで描きます。

監督・脚本は前作『美しき虜』に続きフェルナンド・トルエバ。
共演はマンディ・パティンキン(「ホームランド」)がアメリカ人脚本家の役で出演する他、サンティアゴ・セグラ、ネウス・アセンシ、ホルヘ・サンスほか。

ペネロペ・クルスが、フェルナンド・トルエバ監督の新作『La reina de España(英題:Queen of Spain)』で、50年代のハリウッドで活躍したスペイン女優を演じます。『La reina de España』は1950年代、ハリウッドでの華やかな生活に疲れたスペイン人女優マカレナ・グラナダが彼女の故郷であるスペインのマドリードに戻るというお話。ペネロペ・クルスはヒロインのマカレナ・グラナダを演じますが、このキャラクター名はフェルナンド・トルエバ監督の1998年作品『美しき虜』の時に、ペネロペ・クルスが演じたスペイン女優の名前です。...

本国スペインでは2016年11月25日に公開されています。第31回ゴヤ賞で各賞にノミネートされました。今年2月に行われたベルリン国際映画祭でプレミア上映されました。
8月29日に北米で限定公開され配信も開始されます。