Home 海外版予告編 メグ・ライアン初監督作品『Ithaca』予告編

メグ・ライアン初監督作品『Ithaca』予告編

メグ・ライアン初監督作品『Ithaca』予告編
0

メグ・ライアンの初監督作品、第二次世界大戦時にアメリカの片田舎で配達のバイトをする少年の成長を描く『Ithaca』の予告編が公開されました。トム・ハンクスもカメオ出演しています。


『Ithaca』は第2次大戦時のアメリカ西海岸イサカという町で生活する14歳の少年とその弟が主人公。少年は電報配達のバイトをしますが、戦時中ということもあって訃報を届けることになり、様々な経験を通して少年は成長していく…というお話です。

1943年に出版されたウィリアム・サローヤンの小説「The Human Comedy」が原作です。

ヒューマン・コメディ (ちくま文庫)

価格¥271

順位650,704位

ウイリアム サローヤン

原著Saroyan,William

翻訳汀子, 関

発行筑摩書房

発売日93.08.01

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API

アレックス・ネウスタエッドター、メグ・ライアンの実の息子であるジャック・クエイド、サム・シェパード、ハミッシュ・リンクレイター、メグ・ライアン自身も主人公の母親役で出演、そしてメグ・ライアンの亡き夫役でカメオ出演の盟友トム・ハンクス。

トム・ハンクスの撮影時間は10時間程度だったようですが、それでもメグ・ライアンとの久々に同じ現場を楽しんだようです。予告編にも登場します。
音楽をジョン・メレンキャンプが担当しています。

メグ・ライアン、初監督にしては技法や雰囲気に溺れることなく、少年の成長記という内容を奇をてらわずしっかりと撮っている印象です。思った以上に風格のある映画に仕上がっていますね。

本作は2014年には完成していました。やっと公開にこぎつけた形です。メグ・ライアンはすでに監督2作目となる作品を準備中です。

メグ・ライアンが監督を務める新作企画『The Book』はキューティー映画になるようです。メグ・ライアンは2014年にウィリアム・サローヤンの小説を原作とした『Ithaca(原作邦題:ヒューマン・コメディ)』で監督...

『Ithaca』は全米では9月9日から限定公開されます。