Home 海外版予告編 90年代ブリットポップ・シーンと共に有名になっていく女の子を描く『How to Build a Girl』予告編

90年代ブリットポップ・シーンと共に有名になっていく女の子を描く『How to Build a Girl』予告編

90年代ブリットポップ・シーンと共に有名になっていく女の子を描く『How to Build a Girl』予告編
0

ビーニー・フェルドスタイン(『レディ・バード』)主演、16歳の田舎町の女の子が、90年代初等に出てきたブリットポップの評論家として名声を得ていく実話に基づいた『How to Build a Girl』の予告編をご紹介。


1993年イギリス、ウルヴァーハンプトン。家族と暮らすジョアンナ・モラン(ビーニー・フェルドスタイン)は16歳。早く大人になって輝きたい彼女はインディーロックの評論を雑誌に投稿し続けます。その評論は徐々に認められ、ドリー・ワイルドという名の音楽評論家として90年代のイギリスロックシーンの中心人物として有名になっていく…というお話です。

共演はアルフィー・アレン、リリー・アレン、パディ・コンシダイン、クリス・オダウド、シャロン・ホーガン、マイケル・シーン、エマ・トンプソンほか。

イギリスのエッセイシストで、16歳に音楽雑誌の評論家として活動し音楽番組の司会も務めていた90年代ブリットポップの立役者キャトリン・モランが2011年に出版した半自伝的エッセイが原作です。日本では「女になる方法 ―ロックンロールな13歳のフェミニスト成長記―」の邦題で出版されています。


監督はコーキー・ギェドロイツ。脚本は原作者キャトリン・モランが担当。

主演のビーニー・フェルドスタインは、『レディ・バード』『Booksmart(日本公開予定)』と、ちょっとひねりのある青春映画の準主役で大活躍です。個人的には『ネイバーズ2』で中指を立てながら車に激突する女子大生役が面白かった(笑)
コミカルな芝居もシリアスな芝居も変幻自在にこなせる彼女が主演の映画ですし共演者も名俳優揃い。90年代、ブラー、オアシスを中心としたブリットポップと言われた音楽シーンも垣間見れそうで期待の作品です。

全米公開&配信は2020年5月8日、全英公開は2020年7月3日です。