1. Home
  2. 海外版予告編
  3. 殺される誕生日が延々に続く…『Happy Death Day』予告編

殺される誕生日が延々に続く…『Happy Death Day』予告編

殺される誕生日が延々に続く…『Happy Death Day』予告編
0

何者かに殺される日が延々に続く…という、ジェシカ・ロース主演のホラー・サスペンス映画『Happy Death Day』の予告編が公開されました。


女子大生のツリー(ジェシカ・ロース)はiPhoneから鳴る50セントの「In da club」で誕生日の朝を迎えます。校内を抜け、友達にお祝いしてもらい、夜はパーティー…その時何者かに殺されてしまいますが、朝になって「In da club」で再び誕生日の朝を迎えます。そうしてツリーは殺される誕生日を繰り返す、というお話です。

監督・脚本は『パラノーマル・アクティビティ2』以降のシリーズの脚本を担当していた、ホラーが得意なクリストファー・ランドン。

主演のジェシカ・ロースは、『ラ・ラ・ランド』でエマ・ストーンの友人の1人として出演していましたが、その後主演作が目白押しの注目の若手女優です。

ニコラス・ケイジ初主演作『ヴァレー・ガール』のミュージカル映画リメイク企画で、ヒロインを『ラ・ラ・ランド』に出演しているジェシカ・ロース(ジェシカ・ロゼンバーグ)が演じることがわかりました。「ヴァレー・ガール」とは80年代カリフォルニア郊外の高級住宅地に住む、おしゃべりやファッションが大好きな10代の女の子たちのことを指します。そんなヴァレーガールな女の子ジュリーは、今日も友達たちとショッピングや男の子のことや恋の話に夢中。ある日、ジュリーはパーティーで偶然知り合った街の不良ランディと出会い恋に...

ジェシカ・ロース(『ラ・ラ・ランド』)とアレックス・ロー(『フィフス・ウェイブ』)共演、10年ぶりに再会したカントリー歌手と昔の彼女のロマンスを描く、ロマンス小説の映画化『Forever My Girl』をご紹介。カントリー歌手のスター、リアム(アレックス・ロー)は、自分のキャリアのために高校時代から付き合っていたジョーシー(ジェシカ・ロース)を故郷に残してきた過去があります。10年後、親友の葬式のために故郷に戻ってきたリアムはジョーシーと再会。彼女がかけがえのない存在であることに気付くものの、彼女はすでに自分...

3月に全米で公開された、ゾーイ・ドゥイッチ主演YA小説の映画化『Before I Fall』は、ヒロインが事故死する毎日が繰り返され、次第にヒロインは周囲の人々の関係を見つめ直し成長していく…というお話ですが、「毎日ヒロインが死ぬ日が繰り返される」というのが本作と同じシチュエーションです。

ゾーイ・ドゥイッチ(『ヴァンパイア・アカデミー』)主演、女子高生が不思議な力で死ぬ前の1日を何度も繰り返しながら、次第に成長していくというYA小説の映画化『Before I Fall』の予告編第2弾が公開されました。『Before I Fall』は、友達、恋人、将来…充実した生活を送るティーンのヒロインが、パーティの帰りに交通事故で死んでしまいますが、なぜか目を覚ますとその日の朝。そしてまた交通事故、そして目覚めるとその日の朝。彼女は同じ毎日を繰り返しながら、やがて親や友人たちとの関係を見直し、自身を見つめ直します。そして...

『Before I Fall』は青春成長ものですが、本作はホラー・サスペンスで描き、さらに犯人探しも加わります。
予告編では、ヒロインが色々試行錯誤して殺されるのを何とか回避しようとしても結局は殺され、やがてどうせ殺されて同じ日が繰り広げられるんだからと、やけくそになって裸で歩いたり、やっとループから逃げれた!と思ったら思わぬところでやっぱり殺されて…と、ちょっとコミカルなところも面白そうです。

『Happy Death Day』の全米公開は10月13日です。