Home 海外版予告編 リリー・ジェームズ主演『The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society(原作邦題:ガーンジー島の読書会)』予告編

リリー・ジェームズ主演『The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society(原作邦題:ガーンジー島の読書会)』予告編

リリー・ジェームズ主演『The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society(原作邦題:ガーンジー島の読書会)』予告編
0

リリー・ジェームズ(『シンデレラ』)主演、第2次世界大戦中、ドイツ占領下の小さな島で読書会を開いていた人々を描く『The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society(原作邦題:ガーンジー島の読書会)』の予告編が公開されました。


第2次世界大戦が終わった直後のロンドン。女性記者ジュリエット(リリー・ジェームズ)は、ひょんなことからガーンジー島の男性(マイケル・ユイスマン)と手紙のやり取りをするようになります。イギリス領ながらフランスに近い小さな島ガーンジー島は、第2次世界大戦時ドイツ軍に占領されたため、外界から孤立していました。不自由な生活の中、島の女性エリザベス(ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ)の提案で、島民たちによって密かに読書会が行われていました。そんな島の当時の様子がジュリエットたちの文通を通して描かれていきます。

メアリー・アン・シェイファー&アニー・バロウズの同名原作の映画化で、日本では「ガーンジー島の読書会」という邦題で出版されています。

ガーンジー島の読書会 (上)

価格¥9,274

順位617,006位

メアリー・アン・シェイファー, アニー・バロウズ

翻訳木村博江

発行イースト・プレス

発売日13.11.29

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API

ガーンジー島の読書会 (下)

価格¥9,980

順位684,165位

メアリー・アン・シェイファー, アニー・バロウズ

翻訳木村博江

発行イースト・プレス

発売日13.11.29

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API


女性記者ジュリエット役をリリー・ジェイムズ、戦時中のヒロイン、エリザベス役をジェシカ・ブラウン・フィンドレイ(『マイ ビューティフル ガーデン』)、ジュリエットの文通相手にマイケル・ユイスマン、その他にグレン・パウエル、マシュー・グード、キャサリン・パーキンソン、トム・コートネイ、ペネロープ・ウィルトンらが出演。

監督は『フォー・ウェディング』マイク・ニューウェル。脚本は『ハッピー・エンディング』ドン・ルースと『幸せのポートレート』トーマス・ベズーチャ。

リリー・ジェームズ(『シンデレラ』)主演、第2次世界大戦中、ドイツ占領下の小さな島で読書会を開いていた人々を描く『The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society (原作邦題:ガーンジー島の読書会)...

予告編はリリー・ジェームズを中心に描かれています。劇中での現代(第2次大戦直後)、リリー・ジェームズの過去(戦時中のイギリス)、ガーンジー島での過去、の3つが交差しているようです。それもあってか、予告編にしては2分半と長めにたっぷりと伝えたことで、この映画の見どころが的確に分かるようになっています。

全英公開は2018年4月20日です。