Gabrielle

Gabrielle
0

Gabrielle_poster22歳でウィリアムズ症候群のヒロインは聖歌隊で障害を持つ男性と出会い恋に落ちる。しかし双方の親たち、特に男性の親はこのカップルの恋愛を心配し…というお話。出演はガブリエル・マリオン=リヴァ、アレクサンドル・ランドリー、メリッサ・デゾルモー=プーラン、ヴィンセント=ギヨーム・オーティス、ブノワ・グアンほか。監督・脚本はルイーズ・アーシャンボルト。カナダ公開は2013/9/20〜。全米公開は2014/4/18〜



カナダのケベック州で製作された映画なのでフランス語です。

2013年、カナダを中心に様々な映画祭の賞、ロカルノ国際映画祭観客賞、ジュトラ賞などでノミネート・受賞していた作品で、2013アカデミー賞外国語映画賞のカナダ代表作品にも選ばれています。
そして2014年3月に行われたカナダのアカデミー賞と呼ばれる、カナディアン・スクリーン賞では作品賞を受賞。
とにかく評判がいい作品です。

日本ではあまり馴染みのないウィリアムズ症候群。専門家ではないので概略を述べるに留めますが、欧米では7500人に1人が発症すると言われている、珍しい遺伝子欠損の疾患です。
とにかく優しく疑うことを知らない人懐っこくて優しい性格になり、顔付きに独特の特徴があり、心臓疾患も抱えるため短命の人も多いそうです。
その疑わず無垢な性格ゆえに、他人との距離や他人の思惑を感じ取ることが出来ず、いたずらされたり、いじめられたりすることも多いとか。
そして、ウィリアム症候群の人たちは音楽や歌うことが好きだそうです。だから音楽を通じて、他人との距離の取り方などを学んだりするそうです。
この映画でもヒロインは聖歌隊の活動を通じて男性と恋に落ちます。

とにかくガブリエル役ガブリエル・マリオン=リヴァ、彼女自身、ウィリアムズ症候群ですがその笑顔が素晴らしい!この笑顔は上手い役者でもそうそう出せるものではありません。演技を越えてます。
劇中で彼女は聖歌隊のコーラスをしていますが吹き替えなしで実際に歌っています。実生活でも、普段は聖歌隊でコーラスをやっているそうです。

障害を持つ人の恋愛映画として見るのではなく、実に真っ当な純愛映画として見たい作品です。
ぜひぜひ、日本でも公開してほしい…
というかこれは公開しますよね?