Home 海外版予告編 ティーン女子2人の恋愛を描く『First Girl I Loved』予告編

ティーン女子2人の恋愛を描く『First Girl I Loved』予告編

ティーン女子2人の恋愛を描く『First Girl I Loved』予告編
1

ブリアナ・ヒルデブランド(『デッドプール』)とディラン・ゲルーラ(「アンブレイカブル・キミー・シュミット」)共演、2人の女の子の恋愛を軸に、片方が好きな男の子が関わることで3人の関係がおかしくなる…という青春映画『First Girl I Loved』の予告編が公開されました。


『First Girl I Loved』は、ロスを舞台に、ソフトボール部の花形選手で学校の人気者のサシャ(ブリアナ・ヒルデブランド)に恋するアン(ディラン・ゲルーラ)が、その思いを友人男性クリフトンに話しますがクリフトン(マテオ・アリアス)は密かにアンが好きだったので、3人の関係はおかしなことになっていく…というお話です。

監督・脚本はケレム・サンガ。彼にとって3本目の長編監督作品となります。

本作は、2016年のサンダンス映画祭で「NEXT部門観客賞」を受賞しており、さらに7月に開催されたレインボー・リール東京(旧東京国際レズビアン&ゲイ映画祭)で『あの子は私の初恋』という邦題で上映されました。

予告編は、カットごとの切り替えのフェードイン・アウトがサスペンスのような感じで違和感を感じます。ちょっと全体にシリアス過ぎるのですがそういうタッチの映画なのでしょうか?
ブリアナ・ヒルデブランドとディラン・ゲルーラという、共にコメディも出来る若手女優が共演していて、同性愛と異性愛の三角関係をティーンで描き、さらに3人の周囲の大人たちも巻き込んで…と映画はとても面白そうなのですが…

『First Girl I Loved』は全米で10月18日に劇場公開&配信です。日本で改めて一般公開を期待したいと思います。