Home 海外版予告編 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』アメリカ版最終予告編

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』アメリカ版最終予告編

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』アメリカ版最終予告編
0

全米で11月18日、日本では2016年11月23日に公開される「ハリー・ポッター」シリーズ外伝『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のアメリカ版最終予告編が公開されました。これまで以上に主人公たちの活躍を見ることができます。さらに多数の幻獣や魔法などが登場しています。


『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の舞台は1926年ニューヨーク。幻獣たちの研究のため世界を旅しているニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)の持つ幻獣たちの入ったスーツケースが壊されたせいで、さまざまな魔法動物たちが解き放たれてしまい…というお話です。

キャスリーン・ウォーターストン、コリン・ファレル、ダン・フォグラー、サマンサ・モートン、エズラ・ミラー、ジョン・ヴォイト、ロン・パールマらが出演。
監督は『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』から『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』までの監督をしたデヴィッド・イェーツ。原作者J・K・ローリングが初の映画脚本を手がけます。

以前にも書きましたが、やはり幻獣たちをとらえるところ「ポケモン」的設定と、魔法使いと警察などが協力して巨大な敵に立ち向かうシチュエーションで「ゴーストバスターズ」を感じます。
しかしVFXのクォリティと物量に圧倒されますね。魔法の描写のCGは衣装替えから大掛かりな街を破壊するものまで、ハリー・ポッター的世界観をさらにリアリティあるものにしています。