Enchanted

Enchanted
0

enchanted.jpg久々にディズニー製作の大型キューティー映画が登場です。ディズニーならではの歌い踊る楽しいキューティー映画です。2007年クリスマス時期に公開され大ヒット。主題歌ほか3曲がアカデミー賞にノミネートされています。邦題は『魔法にかけられて』08年3月14日公開予定です。
【作品情報】魔法にかけられて


アニメの世界から現実のニューヨークに来るという設定を聞いたとき、ディズニー版『ロジャー・ラビット』になるのかなと思ってましたが、予告編を観ると、あくまでも「アニメの中の人たちが実写化して現実世界をかきまわす」という話のようですね。

ディズニーアニメ映画お約束のミュージカル調をネタにしたり、セルフパロディー満載。ダンスシーンも豪華で楽しそうなので期待の作品です。『白雪姫』など往年のディズニー映画を知っているとより面白くなるかもしれません。

『キャッチ・ミー・イフ・ユーキャン』に出ていたエイミー・アダムスが主演のお姫様を演じます。Xメンのサイクロップス役で有名なジェームズ・マースデンが王子様役。この人、『クライム・チアーズ』でもこういう能天気な役をやってましたから、本来はこっち系なんでしょうね。
悪い魔女役は名女優スーザン・サランドン。

監督のケビン・リマは元々ディズニー・アニメの監督さんで、「101匹ワンちゃん大行進」の実写版続編『102』も監督しています。VFXにはフィル・ティペットのスタジオやWetaデジタル、CISハリウッドの名が連なり、結構豪華。特殊メイクにはリック・ベイカーの名も。
音楽は『リトル・マーメード』『美女と野獣』など90年代ディズニー映画を支えたアラン・メンケン。
アニメパートは、『美女と野獣』『スピリット』で素晴らしいアニメーションを披露したジェームズ・バクスターが担当。
ディズニー久々の大型キューティー映画は本気ですね。

ご注意!
アカデミー賞にもノミネートされた「Happy Working Song」を歌う楽しいシーンで大量のゴキブリのリアルCGが出てきます。お風呂場の穴からゾワーッと出てきます。嫌いな方はご注意ください。
ディズニーは日本をマーケットの重要拠点と考えておきながら、このような日本人にとって不愉快なシーンを親子向けでもある本作で見せるのが非常に謎です。